愛知の船ヒラメ釣りで55cm肉厚ゲット 好ゲストには50cmハマチ

愛知の船ヒラメ釣りで55cm肉厚ゲット 好ゲストには50cmハマチ

早朝の寒さが身に染みる季節となって、真っ先に思うのは寒さ=ヒラメ釣りの季節。10月27日に愛知県・南知多町豊浜の大進丸へ予約の電話を入れた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・藤田豊)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

大進丸で泳がせ釣り

女将さんが出て「アッ、藤田さんお久しぶりです。いいですよ、頑張って釣ってください」と言われた。私は「今年は一度も船の釣りはしておらず、今年初めての船の釣りです」と伝えた。

翌28日、私の体調を気にしてくれている妻が、一緒について行ってあげると言って、一緒に豊浜港へ向かった。午前3時に現地到着。親方の第21大進丸の空いていた大ドモを釣り座とした。車に戻りしばらく仮眠していると周囲がザワザワ。時計を見ると午前4時15分で、私も釣りの支度や準備を開始する。

30分に受付開始。自分の釣り道具を釣り座へ運び、両隣の釣り人にあいさつ。定刻の5時30分に出船し一路伊良湖沖へとひた走る。

やがて伊良湖水道に差しかかるとエンジン音がスローとなり、中乗りさんはエサのイワシを生かしバケツへ配り、船長のポイント選びが始まった。

開始早々同船者に連続ヒット

船長からアナウンスがあり「ここは地形が荒く仕掛けを底に着けたままですと、必ず根掛かりになりますので底へ着いたら少し巻き上げてください。オモリは船中統一の60号です。水深は15mです。それではどうぞ始めてください」で一斉投入となった。

愛知の船ヒラメ釣りで55cm肉厚ゲット 好ゲストには50cmハマチ当日の釣り風景(提供:週刊つりニュース中部版APC・藤田豊)

第1投は着底後、小さくコツコツコツとのアタリがあったが、なかなか食い込まずアワせどころがなかった。巻き上げるとイワシには何かがかじった跡がたくさんついていた。すぐにイワシを付け替えて投入すると、左舷トモの釣り人が大きくサオを曲げて、35cmほどのヒラメを釣り上げた。

その後、その釣り人は3匹連続で40cm前後のヒラメを釣り上げる。そして「仕掛けが着底するとすぐに大きなアタリが出て一気に持ち込まれるアタリばかりでした」とうれしそうに話していた。

私は「そんなアタリは一度もありませんよ。今日はついているんですよ」と言うと、満面の笑顔だった。

40cmヒラメ&50cmハマチ手中

しばらくすると初めてヒラメを思わせるアタリを感じた。しかし、なかなか本アタリが出ない。少し送り込んだり、サオを立てたりしているとググ~ッと持ち込んだ。巻き上げると40cmほどのヒラメだ。生きの良いイワシをセットし、すぐに仕掛けを投入すると、ゴツゴツとまたもヒラメからのコールがあった。

しかし、今度もなかなか引き込まない。我慢強く待つとやっとグッグッグィ~ンと持ち込んで、同型のヒラメをゲットした。何度目かの移動後、仕掛けを投入するとゴゴンゴゴンと何やら青物のようなアタリが出た。サオを立てると走り回る。浮上したのは50cmのハマチだった。

55cm肉厚ヒラメ浮上

しばらくするとヒラメからのコールと分かるゴツゴツゴツとうれしいアタリが出た。少し持ち上げるとグイグイグィ~ンと仕掛けを持ち込んだ。サオは大きく曲がり込み「これはまずまずの型だぞ」と感じた。すぐに中乗りさんを呼ぶと、青い海底から茶色い良型ヒラメが浮上し一発ですくってもらった。肉厚のヒラメの大きさは60cmはあるかと思ったが、測ってみると55cmだった。しかし、50cm超のヒラメをゲットしたいとの思いは達成できた。

翌日ヒラメやハマチをさばく。脂の乗ったハマチの刺し身は本当においしかった。またヒラメのエンガワは別格のおいしさに妻と一緒に感動した。そして息子にも久しぶりの獲物の半身をおすそ分けし喜んでもらった。何とか釣行できる自信が少しできたかと思えた釣行となった。こらからも頑張るぞ~!

<週刊つりニュース中部版 APC・藤田豊/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
大進丸
出船場所:南知多・豊浜
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年11月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。