お金をかけない防寒対策ベスト3 究極は「魚が釣れれば寒さ忘れる?」

お金をかけない防寒対策ベスト3 究極は「魚が釣れれば寒さ忘れる?」

寒さはこれが本番だが、釣りはこれからが熱い。筆者のライフワークであるシーバス釣りも、バチ抜けやハクパターンなど冬から春にかけてが1番面白い。ハゼ釣り師などもいなくなるので、河川でのシーバス釣りはやりやすくなる。しかし、寒さ対策だけは毎年悩む。そこで今回は、陸っぱりの釣りを中心にお金をかけない防寒対策はできないものか?

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

宮坂剛志

ボート、ウェーディングなしの100%陸っぱりアングラー!陸っぱりからのシーバスフィッシングの楽しさを追求して行きます!

×閉じる

その他 お役立ち

お金をかけない防寒対策

寒いなら着込めばいい?ブクブクとクサフグのように着込めば暖かいが、荷物も増えるし、動きにくい。ヒートテックなどを着て対策しても、単体では川や海の寒さにはたいして効果がない。流行りのワークマンの防寒も悪くはないが、あれもこれもと買うほどお金もない。さて、冬は目の前だし、どうするか?

防寒対策に完璧はない

こらからご紹介する防寒はあくまでもお金がない筆者が編み出したサバイバルとも言うべき方法です。もちろん、これで寒さを完全に防げるわけではありません。防寒対策に完璧はありません。ご自身の防寒対策をした上で、こんな対策もあるんだとお考え下さい。くれぐれも風邪などひかないようにして下さい。

お金をかけない防寒対策ベスト3 究極は「魚が釣れれば寒さ忘れる?」防寒対策用品は小物でも高い(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

お金をかけない防寒対策ベスト3

筆者ならではの、知恵を絞った涙ぐましい努力のランキングTOP3を3位から紹介していきましょう。

第3位:新聞紙

どんな新聞紙でもいいが、筆者はスポーツ新聞を愛読しているのでこちらを使う。もちろん週刊つりニュースでも良いが、ここではオススメしないでおこう。この対策はけっこう暖かい。カサカサと何かと音が気になるが、お腹周りにはいい保温となる。

新聞紙ならどこのお家にもあるだろし、コストも掛からない。おまけに薄くてかさばらないし、必要なければすぐに捨てられるのもいい。これぞ究極の防寒対策用品だろう。

お金をかけない防寒対策ベスト3 究極は「魚が釣れれば寒さ忘れる?」新聞紙(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

第2位:マスク

現代ではこのアイテムを持っていない人はいないだろう。では、釣りでマスクをしている人はどのくらいいるだろうか?ユーチューバーは別として、野外だからと外す人も多いだろう。しかし、実はこれがけっこうな防寒対策になる。

真夏にマスクをして熱中症になった人がいるが、それほどマスクは体温と密接な関係にある。筆者のシーバスポイントは、工場地帯や道路が近い。よってホコリなども多いので、マスクは欠かせないが、これがけっこう暖かいのに気付いた。わずかな上昇かもしれないが、釣りではこのわずかな保温が大切だ。特に夜釣りでは少しでも温まりたいと思うとこの小さなアイテムは見逃せない。

お金をかけない防寒対策ベスト3 究極は「魚が釣れれば寒さ忘れる?」意外と暖かいマスク(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

第1位:荷物を背負う

は?と、思ったそこのあなた、分かっていないと言っておこう。これが1番温かいと筆者は思う。この時期、特に風の強い日の陸っぱりの釣りは昼間でも寒い。そこで、荷物のリュックなどを背負うとこれがけっこう違う。フローティングベストを着ていれば、なお実感できる。動きやすさを考えると荷物は減らしたいが、あえて荷物を背負うという逆転の発想が寒さをしのぐカギだ。

そこで今までの順位を振り返ってみてほしい。新聞紙をお腹に巻き、マスクをし、そして荷物を背負う……文章にすると不審者のようだが、やってみるとそうでもない。温かい……はずだ。筆者はこれで寒さと戦っている。

お金をかけない防寒対策ベスト3 究極は「魚が釣れれば寒さ忘れる?」あえて荷物を背負う?(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

究極の対策は魚が釣れること!

季節に四季があるように、釣りにも四季折々の釣り物が存在する。だから面白いが、防寒対策1つとっても釣りはお金がかかる。そこへ来て物価は高くなり続け、趣味を楽しむことさえ危ぶまれている。

しかし、今こそ物の有り難さを感じる時でもある。1個2000円もする人気ルアーなど買わず、ルアーBOXの1つのルアーをとことん使い倒してみたり、型遅れのロッドやリールをメンテナンスして使ってみたり、防寒対策も同じだ。ヒートテック?ネックウォーマー?ゴアテックス?そんなのなくとも寒さはしのげる。究極は、マスクと新聞紙があれば極寒以外は何とかなる。もちろん、風邪を引かないような工夫が他にも必要だが、少なくともウェアにこだわる必要はない。タンクトップでなければ大丈夫。

そして何よりも魚が釣れることが最大の防寒対策のように思う。どんなに防寒対策をしても、何も釣れないと不思議にそれだけで寒さが倍増する。これは釣り人ならお分かりいただけるだろう。やはり、魚が釣れてボルテージが上がれば寒さも吹き飛ぶのは本当だ。今年の冬は寒いと予想されているが、まだわからない。お金を掛けず、今年の冬も楽しい釣りの思い出を作ってほしい。

<宮坂剛志/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。