親子でマイボート釣行を満喫 1投目から息子が良型マゴチをキャッチ

親子でマイボート釣行を満喫 1投目から息子が良型マゴチをキャッチ

10月22日は父から譲り受けた和船を操船して、息子と2人で早朝から愛知県碧南市の碧南港から出船した。1投目に息子がマゴチを仕留めた後もアタリは頻発したが、バラシ連発で悔しさが残った初のボート釣りの模様をリポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

マイボートでタイラバ

初めて私1人で操船するので、緊張して三河湾へ向かう。当日は風もなくベタナギ状態だったため、目的地まで無事にたどり着いたが、プレジャーボートと遊漁船だらけで近寄るのも怖い。そこで無理せず、少し離れた場所から流しながら釣りをスタートした。

息子にはタイラバ60gをセットして渡す。そしてボトムまで着いたところで、ゆっくりと巻き上げてくる。すると1投目にして息子が「きた!」と叫ぶ。

ロッドが曲がり必死に巻き上げている息子。何が釣れたのかと2人で海面を眺めていると、浮き上がってきたのはマゴチだ。

親子でマイボート釣行を満喫 1投目から息子が良型マゴチをキャッチタイラバで仕留めた大きなマゴチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

アタリ頻発もバラシ連発

息子はマゴチを釣ったことがないため、初めてのマゴチに笑顔が絶えない。もう一度同じ場所を流してみると、「またきた!」と叫ぶ息子。しかし、痛恨のフックアウト。

もう一度流してみるとまたアタリがきたが、また外れてしまう。しかし、朝一のチャンスタイムに息子は楽しんでいた。

私も負けていられない。ジグをセットして落とし、底に着いたと同時にシャクり上げた途端、ロッドが根本からぶち曲がる。ガンガンと強烈な魚の引きにロッドが折れそうになり、リールもドラグが壊れそうなぐらいガッガッと音を出している。

これは釣り上げたい。慎重に慎重に、ゆっくり巻き上げていくが、魚の抵抗が強すぎて外れてしまい、悔しさが残った。

親子でマイボート釣行を満喫 1投目から息子が良型マゴチをキャッチ親子で5時間ひたすら楽しんだ(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

息子と楽しみ満足

その後潮止まりとなり、また初出船のため、無理はせずに帰港することにした。

5時間ひたすら釣りを楽しんだ息子。帰りは爆睡。すごく楽しい釣りだったと息子から言われ、誘った私は1人満足した。これから寒くなるにつれて、青物シーズンに入っていくが、安全第一で楽しみたい。

親子でマイボート釣行を満喫 1投目から息子が良型マゴチをキャッチ帰りは爆睡の息子(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

<週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年11月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。