静岡のサーフでのウキダンゴ釣りで45cm頭に本命クロダイ9尾手中

静岡のサーフでのウキダンゴ釣りで45cm頭に本命クロダイ9尾手中

10月12日(水)の潮回りは大潮で、満潮が6時、干潮が正午。満潮から干潮まで約6時間余りの釣行を考え、4時に自宅を出発。静岡県静岡市の蒲原海岸へ向かう。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

蒲原海岸でウキダンゴ釣り

東名高速道路を走り、約1時間半で到着。うっすらと明るくなり、朝マヅメからの釣り。荷物を運び、さっそく準備にとりかかる。

狙いはクロダイで、釣り方はウキダンゴ釣り。まずはダンゴ用のコマセ作りから。マルキユーの紀州マッハ1袋をベースに細びきさなぎ、チヌパワーを少量加えて、さらにアミ姫を少量入れ完成。

静岡のサーフでのウキダンゴ釣りで45cm頭に本命クロダイ9尾手中波打ち際に釣り座を構える(提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

タックルは磯竿0.6号5.3m、2500LBリール、ミチイト2号に自作根ウキを付け、ハリスは1.75号にチヌバリ2号をセット。タナオモリをハリに付けて、波打ち際から30m先周辺のタナを探ると約3m。海底は砂地でフラット気味。付けエサはオキアミ、サナギ、コーン、練りエサを用意した。

静岡のサーフでのウキダンゴ釣りで45cm頭に本命クロダイ9尾手中使用したエサ(提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

45cmクロダイをキャッチ

満潮間際の6時にスタート。付けエサはオキアミで、ヒシャクを用いて第1投。潮は右へとゆっくり流れている。しかし、アタリはなく、エサは取られている。そこで、タナを這わせ気味にして、付けエサを食い渋りイエローに変更。

静岡のサーフでのウキダンゴ釣りで45cm頭に本命クロダイ9尾手中サーフの様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

数投後、潮の動きが止まると、アタリをキャッチ。やりとりすると、クロダイらしい引き。無事にタモに収めたのは45cmの本命。

良型交じりで9尾ゲット

その後も、潮の動きが止まったときだけヒットする。スタートから4時間余りで、45cmを頭に9尾ゲット。エサ取りを考慮し、練りエサに替えたのがヒットにつながった。

静岡のサーフでのウキダンゴ釣りで45cm頭に本命クロダイ9尾手中当日の釣果(提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

その後、潮の流れが速くなったので納竿。釣り場周辺を掃除して帰路に就いた。サーフでのクロダイ釣りは、まだまだ未開地がある。次回もさらなる大型を狙いたい。

<週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
蒲原海岸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年10月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。