神奈川・三浦海岸のキス投げ釣りで本命52尾 良型混じりもピンギス中心

神奈川・三浦海岸のキス投げ釣りで本命52尾 良型混じりもピンギス中心

10月11日(火)、神奈川県の三浦半島にある三浦海岸にキスの投げ釣りに出かけた。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

三浦海岸で投げキス釣り

この日は、前日から通過中の低気圧と前線の影響で朝から南西風が強く吹き、うねりもかなり大きくなっていたため、津久井浜から三浦海岸方面では相当釣りづらい状況が予想された。

そこで、25cm超えジャンボキスの実績も十分で、しかも南西風の影響をある程度回避できる油壺横堀海岸の小堤防にいったん向かうことにした。ところが、現地に到着した7時前は大潮の満潮時間とも重なり、小堤防は波を被っていて釣り座を構えるには少し危ない状況。

そのため急きょ、三浦海岸へと移動することを決め、7時半すぎに三浦海岸交差点先にある無料駐車場に車を停めて釣りを開始した。

しかし、やはり思った通りと言うべきか、風は強く波もかなり高い。サーフにはヒラメ、マゴチなどフラットフィッシュ狙いのルアーマンたちも多かったが、想像以上に底荒れがひどいのか、まったくアタリがない様子だ。

底荒れのせいか無反応

行きつけのエサ店の話だと、三浦海岸では今の時期、生まれたてのピンギスが2色前後で良くアタるという。そこで、これにターゲットを絞り、小さく切ったジャリメをエサにして10本バリ仕様で3色付近に仕掛けを投入する。竿を垂直に立てた状態で、ゆっくりとリールをただ巻きしてキスを誘うことにした。

期待を込めての第一投。仕掛けを巻いてくる途中でキスが食ってくれれば、竿先にコツコツとアタリが伝わってくる。そこからさらに誘いをかければ数釣りも可能なはずなのだが、底荒れがよほどひどいのかまったくの無反応……。

「こりゃ、まいった」とひとり呟きながら、今度は手前を諦めて5色近辺に仕掛けを入れてみるが、これも不発。

20cm超え交じりで52尾キャッチ

この状況を打開するには、キスがたまっている場所を足を使って徹底的に探すしか方法はないと気持ちを切り替え、津久井浜方面へと釣り歩いていくと、ようやくポツリポツリではあるが、ほぼ1点がけでピンギスが釣れ始めた。

神奈川・三浦海岸のキス投げ釣りで本命52尾 良型混じりもピンギス中心多点掛けで投げ釣りの醍醐味を堪能(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

11時すぎになると風が弱まり、海も凪いできて状況は一気に好転。三浦海岸ファミリーマート下あたりで、キスの多点がけが連発する。午前中の苦労も吹き飛ぶようなキスの入れ喰いを堪能していると14時すぎにはエサがなくなり、終わってみれば20cm越えの良型交じりで52尾という好釣果。

ピンギスが大半ではあったが、それでもキスの心地よい引きを存分に味わえた大変楽しい一日だった。

<週刊つりニュース関東版APC・間宮隆/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
三浦海岸
この記事は『週刊つりニュース版』2022年10月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。