伊勢湾奥のボートキャスティング釣行でブリ連打 ブレードジグが的中

伊勢湾奥のボートキャスティング釣行でブリ連打 ブレードジグが的中

10月10日に、好調に釣れていると話題の伊勢湾奥青物キャスティングに行ってきた。当日は、ブレードジグの底からの巻き上げにブリが好反応。終わってみれば怒とうのブリ3連打も、大満足の釣行をレポートしよう。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

伊勢湾で青物キャスティング釣行

10月に入っても好調に釣れていると話題の伊勢湾奥青物キャスティングに行ってきた。10月10日の午前5時半に出船し、まずは情報のあった三重県・白子方面の浅場へサワラを狙いに向かう。

ポイントに着くと数隻の船が。釣り始めて早々に周りでサワラが跳ね始めた。広範囲で跳ねていたので、四方にキャストし広く探る。追われているベイトはカタクチイワシのようで、船べりでも何匹か確認できた。

ミノーやメタルジグ、ブレードジグなど手を替え品を替え試してみたがヒットはなし。1時間くらいするとサワラの跳ねる姿も見られなくなり、アタリもなかったので早めに見切りをつけて移動を決意した。

伊勢湾奥のボートキャスティング釣行でブリ連打 ブレードジグが的中四方にキャストして広く探る(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

ボトムからの巻き上げにヒット!

ナブラやトリヤマを探してウロウロしてみようと走り始めて数分、沖の方で少し鳥が飛んでいるのを見つけた。気になったので向かってみると、10羽ほどがソワソワしている。するとほどなくしてナブラが始まった。大きい魚のようで、捕食音もかなり大きい。

早速ミノーをキャスト。ばっちりキャストが決まったように思えたがヒットせず。2投してダメだったのでルアーチェンジ。

メタルマジックTGの30gに替え、ナブラの奥に投げて底まで落としたら巻き上げてくる。巻きからのストップを入れた瞬間、ガツンッとヒット。ヒットした直後の走りと重量感からかなりいいサイズと確信。パワーのあるファイトを楽しませてくれて上がってきたのは、丸々と太った80cmジャストのギリギリブリだった。

伊勢湾奥のボートキャスティング釣行でブリ連打 ブレードジグが的中底からの巻き上げでガツンツとヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

まさかの2投連続ヒット

まだナブラは出ているので、引き続き狙っていく。先ほどと同じパターンで、キャスト後に底まで沈めて巻き上げてくる。するとすぐにヒット。これも同じく巻き途中にストップを入れた瞬間でガツンッときた。

まさかの2投連続に驚きながらも、これまた重量感のある引きだ。連続のファイトで腕がパンパンになってきた。これもまた楽しみと、上げてきたのはほぼ同サイズのケンカブリだ。すぐに血抜きしてクーラーへ。

伊勢湾奥のボートキャスティング釣行でブリ連打 ブレードジグが的中走りと重量感はかなりのもの(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

怒とうのブリ3連打

次を狙おうとナブラを見てみると、固まっていたナブラがいつのまにかバラけており、広範囲でポツポツとボイルが出ている。範囲が広くなっていたので追いかけることなく、広範囲に投げて探ってみる。

前でボイル起きたかと思えば次は後ろ、右にも左にもポツポツボイルが出ているので、いつか食うだろうと思っていた数投目、またも巻き上げでガツッとヒット。3匹目のケンカブリをゲットした。

伊勢湾奥のボートキャスティング釣行でブリ連打 ブレードジグが的中まさかの連発でギリブリサイズを3連打(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

次のページで最終釣果は果たして?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。