釣り人的「日本酒の肴」レシピ:クロのたたき香味野菜和え 熱燗に最適

釣り人的「日本酒の肴」レシピ:クロのたたき香味野菜和え 熱燗に最適

これから旬を迎えるクロ(メジナ)。釣っても食べても最高の人気魚だ。今回は「クロのたたき、香味野菜和え」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

香味野菜とは

香味野菜は料理を引き立たせるために使われる野菜のこと。香りの強いミョウガや青ジソなどが代表的だ。ちなみ薬味とはショウガやワサビなど。香味野菜と微妙に違い、呼び分けている。

釣り場でのクロの下処理

釣り上げたクロはナイフなどを使って絞め、クーラーに入れる。小型は絞めずにそのままクーラーに入れても鮮度はさほどかわらない。その目安としては「25cm以下なら絞めず、これ以上のものは絞める」。

自宅での下処理

持ち帰ったクロは滑りを取るためシンクに移し、軽く水洗いする。たわしを使って水道水をあてながら行うとスムーズだ。次に頭とワタを取り、腹側の血合の部分を取り除く。

サク取り

下処理を済ませたら、3枚におろす。ウロコが付いたままのほうが、皮を剥ぐ時にラク。あとは皮を剥いで腹骨と中骨を取り、サク取りにしておく。

釣り人的「日本酒の肴」レシピ:クロのたたき香味野菜和え 熱燗に最適3枚におろしサク取り(提供:TSURINEWSライター松田正記)

ぶつ切り

サク取り後はサイコロ状にカットし、包丁で軽くたたく。この時、魚の身が崩れすぎないようにするこが食感を出すコツだ。

釣り人的「日本酒の肴」レシピ:クロのたたき香味野菜和え 熱燗に最適サイコロ状にカットする(提供:TSURINEWSライター松田正記)

野菜と合わせる

最後はミョウガなどの香味野菜と合わせる。ミョウガと青ジソは細切り。好みでタマネギのスライスを加えてもGOOD。これらと魚を軽く和えれば完成。

アクセントに薬味も

あとは好みでショウガやニンニクといった薬味をのせてもいい。その際は、いずれもみじん切りにして使う。これらの薬味がアクセントになり、より料理を引き立たせる。日本酒の熱燗によく合うひと品だ。

釣り人的「日本酒の肴」レシピ:クロのたたき香味野菜和え 熱燗に最適野菜や薬味と合わせる(提供:TSURINEWSライター松田正記)

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。