沖磯ロックフィッシュ釣行で40cm級アカハタに30cm級アラカブ好捕

沖磯ロックフィッシュ釣行で40cm級アカハタに30cm級アラカブ好捕

10月1日、昨年から釣りを始めた友人がガチロックフィッシュのトリコに。アカハタやアラカブの魅力に取りつかれ、天候を確認してお世話になっている喜福丸で宮崎・延岡・北浦の磯に渡った。

宮崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・鶴原修)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

北浦の磯でロックフィッシュ釣行

根掛かりを回避しながら1尾を掛けるまで魅力&ダイレクトに手に伝わってくる大きなアタリ、また掛けてからのあのものすごい強い引き味、刺し身や煮つけなど食べても最高においしい。

最初に上がった瀬はケナシの奥にある「コモセの6番」何度も上がった相性のいい瀬だ。

沖磯ロックフィッシュ釣行で40cm級アカハタに30cm級アラカブ好捕タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・鶴原修)

先に友人に準備をしてもらって私はゆっくりと準備にとりかかる。いつもなら1投目から「きた~!」と声が聞こえるのだが、今回はまったくその声が聞こえない。「どうしたん?」まったくアタリがないとの答えが。潮は前回も前々回も満潮前後で上がっていたが今回は干潮からの上げ潮。もしかしたら潮が引いているから魚が沖に出て行ってるのか?

小1時間、シンカーを替えたりワームサイズを替えたりと海底の根周りを中心にタイトに狙っていたが、小さなアラカブが数尾釣れた程度で本当にまったく反応がない。ならばと私は沖を狙ったスイミング仕掛けに切り替えてみることに。

40cm級アカハタキャッチ

30gのジグヘッドにスイミング系ワームHRFガブリシャッド2.9inch(ロックチャート)で超遠投をして狙うこと数投目、一度着底からリールのハンドルを3回転巻いてはカーブフォールを繰り返して底からワームがあまり浮かないようにアピールしていたところ、「ガツン」と強烈なアタリがロッドに伝わってきた。

沖磯ロックフィッシュ釣行で40cm級アカハタに30cm級アラカブ好捕狙い通りアカハタをゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・鶴原修)

すぐさまロッドを立ててゴリ巻き。ただ強い引きだが、有利に立てない。足場も高い場所に移動してやり取りを試みるが、3度根に突っ込まれながらも無事取り込みに成功。40cm級だったが浅場の沖で掛けた根魚の引きは強烈でそのすごさに感動。

謎の大物ヒット

さらに追加をと試みると、やはり魚は沖にいるようで30cmのアラカブが連チャンでヒット。するとまた強い引きがロッドを襲った。先ほど釣り上げたアカハタと同等か、それ以上の引きで沖の根に潜られてしまった。ゆっくりと時間をかけて出てくるのを少しラインを張って待っていると、ラインから反応を感じた次の瞬間、魚が動いた!

反射的にロッドを立てると一瞬ロッドに重々しい重量感が伝わってきてロッドがブチ曲がる。だがフッとすぐに軽くなった。PEラインから切れていた。

次のページは瀬変わりして根魚を追釣!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。