三重タイラバ釣行で本命マダイに裏本命シロアマダイどちらもキャッチ

三重タイラバ釣行で本命マダイに裏本命シロアマダイどちらもキャッチ

三重県の丸安丸が、10月から基地を鳥羽市小浜に移して、本格的なタイラバを開始した。本命マダイに加え、裏本命のシロアマダイもキャッチできた釣行をレポート。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

丸安丸でタイラバ

悪天候に邪魔されながらも、ようやく釣行にメドがついた10月4日、週刊つりニュースAPCの出口和弘さんと丸安丸に乗り込んで早速鳥羽沖へ繰り出した。

この日はシケの合間の釣り日和。午前7時に船は港を離れ、加布良古水道を抜けて菅島沖のポイントへ。ここのタイラバの特徴はとにかく水深が浅いこと。船をドテラ流しにして広範囲を探っていくのだが、風が緩ければシンカーは45gまで落としても十分釣りが成立する。

ポイントに到着すると海は油を流したようなベタナギ。パラシュートアンカーは入れず、そのまま流していく。水深は25mほどだ。だが風はないが潮もないようで、タイラバは真っすぐ底に向かって落ちていく。

これはちょっと厳しいかな…と思っていると、船中で厄介者のサバフグが上がりだした。コイツはタイラバのネクタイやハリをもぎ取っていくだけでなく、最悪の場合リーダーまでスパッとやられることもある。

30cm級マダイ顔見せ

小移動を繰り返していると、リリースサイズながら本命がちらほら上がりだした。秋ならではのサイズだが、せめて塩焼きできるぐらいのサイズが欲しいところ。そんななか、同船者にヒット。小気味良くロッドティップをたたいて上がってきたのは、30cmほどのマダイだった。

三重タイラバ釣行で本命マダイに裏本命シロアマダイどちらもキャッチリリースサイズに苦笑い(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

皆使っているのはタングステンシンカーに、フックユニットがこの海域で圧倒的な実績を誇るサンリキのプロスペック極。最近だと赤黒系に反応がいいらしい。

続けて出口さんと船長にも同サイズ。私にもいわゆるヤキサイズがヒットして、まずはボウズを逃れたとホッと胸をなで下ろす。

ヤキサイズに良型交じる

秋サイズにほっこりしていると、ジーーーッという派手なドラグ音。出口さんに良さげなサイズが食ったようだ。

三重タイラバ釣行で本命マダイに裏本命シロアマダイどちらもキャッチ慎重にやり取りする(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

慎重に巻き上げてきてタモに収まったのは、50cmを少し切れるぐらいのきれいなマダイ。さらに船長もセルフネットで同サイズを取り込む。

三重タイラバ釣行で本命マダイに裏本命シロアマダイどちらもキャッチ食べごろサイズも登場(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ここからポイントをずらしながら、コンスタントとまではいかないものの、退屈しない程度にアタリが出る。全部が全部本命のそれではないが、やっぱりアタリがあるのは楽しいものだ。

私も何とか刺し身にできるヤツをと頑張ってマキマキするが、良型らしきヒットはことごとくハリから外れていく。うれしい大アジにヤキサイズは取り込めるのだが…。

次のページで「もう1つの本命」シロアマダイが登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。