福岡の落とし込み釣りでメーターオーバー103cmヒラマサ堂々浮上

福岡の落とし込み釣りでメーターオーバー103cmヒラマサ堂々浮上

9月29日、今シーズンの落とし込み釣りに初釣行した。9月上旬まではベイトも小さく、釣果はパッとしなかったようだが、台風後にはベイトのサイズも上がり釣れだしたという情報を聞き、福岡県遠賀郡芦屋町の柏原漁港・星龍丸での釣行となった。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 高原稔)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

星龍丸で落とし込み釣り

ポイント到着後、まずは16号ハリスの「快適落とし込み仕掛けSS」をセットし投入。この仕掛けは枝ハリス部分が編み込みで補強されハリス切れ対策が施されているので、好んで使っている。

福岡の落とし込み釣りでメーターオーバー103cmヒラマサ堂々浮上タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 高原稔)

1流し目から隣でサオを出している郷原未来さんにヒットした。手慣れたやり取りで上がって来たのは90cmのヒラマサだ。水温が高めのこの時期のヒラマサは、重量以上に引きが強いものの、難なく取り込める彼女のやり取りには見入ってしまった。

各ポイントでの魚影自体はまだ濃くはなかったが、ポイントを移動するたびに船中の誰かにヒットする状況が続いた。数か所目でやっと私にもヒットしてくれて、久しぶりのヒラマサにドキドキしながら、86cmを無事取り込めてひと安心。

エサ付けのコツ

船中では、この日が落とし込み初挑戦という人もいたがエサ付けに少々苦労しており質問をされたので、次のようにアドバイスした。

(1)まずは船長の合図と同時に投入する準備(構え)をしておく。
(2)1投目はフルスピードで落下させる。
(3)2投目以降はブレーキダイヤルを少しずつ締めて、落下スピードを抑える。
(4)スプールを抑えるサミングに強弱を付ける。

その後は少しずつベイトが付くようになり、ついには初ヒラマサもゲットしていた。

ベイト付きよく活性上昇

潮が変わった正午を回ったところで急にベイトの付きが良くなり、中型ヒラメ、80cmのヒラマサがヒットしてきた。

福岡の落とし込み釣りでメーターオーバー103cmヒラマサ堂々浮上マダイも登場(提供:週刊つりニュース西部版 高原稔)

全体の活性が上がったことから、仕掛けを18号ハリスに付け替えて再投入したところ、激しい前アタリから一気にサオを水中に引き込んだ。微妙にラインが出るか出ないか程度のドラグテンションで耐え、5m、10mと底を切ったところでドラグを緩めた。

ダブルで大物強襲

あとはテンションが抜けないように一定のスピードで巻き上げるだけなので周囲を見る余裕ができた。

福岡の落とし込み釣りでメーターオーバー103cmヒラマサ堂々浮上サオが根元から曲がる(提供:週刊つりニュース西部版 高原稔)

驚いたことに隣の郷原さんのサオ「マッドバイパー落とし込みMHH―243SMT」がすごいことになっていた。本人もサオを立てるために腰を落として応戦している

次のページで強引制してデカマサ浮上!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。