タチウオワインド釣りのゲスト魚4選 注意すべきはシーバス?

タチウオワインド釣りのゲスト魚4選 注意すべきはシーバス?

タチウオワインドには、本命以外のゲストがけっこう襲来する。定番はサバ、サーフならエソなど。タチウオのルアータックル・ラインシステムで釣る限り、特別な警戒が必要なゲストではないが、本命に集中したいときには避けたいゲストとも言えるので、注意したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ワインド釣法はゲスト豊富

ワインドは左右にリグを跳ねさせて釣る方法だ。もともとこのようなキレのよいダート、ジャークのアクションには、魚の反応がいい。大振りで、スレやすい釣り方でもあるが、たとえば食いがはっきりしないアジの群れに喝を入れたいときや、同じく渋いボトムのカサゴの狙い方としても、有力なアクション術である。

タチウオのソフトルアーでは最優先のアクションがワインドだが、その大振りな動きによって、本命以外にもいろいろな魚を集めてしまう。ゲスト多数の釣りなのだ。

よく食う中サバ

20cm~の中サバ・大サバは、本当によくワインドに反応する。密度の濃い群れで入っているときには止まらないくらい食う。しかも、朝夕関係ない魚だ。どうかすると入れ食い状態となるサバの大群ばかりは、タチウオワインドの迷惑ゲストと言えるかもしれない。

タチウオワインド釣りのゲスト魚4選 注意すべきはシーバス?ワインドにめちゃ食うサバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

あまりにもサバが多いときには投入点を大きくかえるか、場所を移るか。または、ワインドリグのヘッドウェイトを極端に重くしてフォールの速度を調整するか、少しでもフッキング率を減らせるようにトレーラーフックを取った方がいいかもしれない。ただフックを取ると、当然タチウオの掛かりも悪くなってしまうのだが。

ボトムでエソ

次に、サーフで定番のゲスト、エソだ。こいつは特に困らせてくれるほどのゲストではないが、あえて言うと食べてもおいしくなく、独特のにおいもあり、釣る価値もないような魚でもある。また連続ヒットするとワームをズタズタにしてくれるヤツでもあるので、タチウオに本当に集中したいときには、避けた方がいいだろう。

タチウオワインド釣りのゲスト魚4選 注意すべきはシーバス?エソもくるワインド(提供:TSURINEWSライター井上海生)

エソの避け方は簡単。ボトムを切ればいい。砂地の海底で反応する魚なので、ボトムを切って釣れば、エソにはならない。夜になると反応が鈍るので、サーフ周りのタチウオワインドでもリグを着底させてもOKだ。

カマスも大好きワインドアクション

カマス。こいつもワインドアクションが好きな魚の一種である。

サバと同様、群れで入っているときには連発しがちで、ちょっと邪魔になる。ただ、そもそも群れがサバほど濃い魚ではなく、またワインドアクションもそのうち見切りだすので、あまり気にしないでいいだろう。

タチウオワインド釣りのゲスト魚4選 注意すべきはシーバス?ワインドでカマス(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページでもっとも危険なワインドゲストとは!?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。