千葉・浦安でのハゼ釣りで本命60尾 ちょい投げ&ミャク釣りで手中

千葉・浦安でのハゼ釣りで本命60尾 ちょい投げ&ミャク釣りで手中

9月30日(金)、ハゼ狙いで千葉県浦安地区に釣行した。境川ではミャク釣りで、猫実川ではちょい投げ釣りで本命ハゼが連発した模様をレポート。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

浦安でハゼ釣り

今年は青潮の影響が少なく、好釣果が続いている。当日は晴れ、風も弱く絶好な釣り日和。今回は釣り場を2カ所巡る計画で、まずは最近調子がよかった境川に向かった。

千葉・浦安でのハゼ釣りで本命60尾 ちょい投げ&ミャク釣りで手中境川の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

10時ごろ到着すると、平日にもかかわらず釣り人が多い。まだ潮位が高く一部の足場が濡れているので、乾いた安全な場所を釣り座とする。

様子を見てみると、潮が非常に澄んでいる。少し気になったが、0.5号のオモリを使って、青イソメをエサにしたミャク釣り仕掛けで挑戦。

アタリ連発で48尾ゲット

開始早々から竿先にプルプルと小気味いいアタリ。タイミングをみてアワせると、8cm程度の本命が釣れた。食い渋りの心配は無用で、仕掛けを振り込むたびにアタリがひん発。

途中、アタリがあっても抜けることもあったが、付けエサのサイズを調整したり、誘いやアワせるタイミングに変化を付けると連続ヒットする。前回の釣行よりもハゼが成長して、そのサイズからは想像できないくらい大きなアタリがあるので楽しい。

千葉・浦安でのハゼ釣りで本命60尾 ちょい投げ&ミャク釣りで手中当日ヒットした良型(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

アタリが少ないときは、場所移動しながら順調に数を伸ばしていく。昼ごろにキープしたハゼの数を数えると48尾だった。

猫実川へ移動して良型手中

移動の準備をして向かったのは、徒歩で20分程度の猫実川河口。同川の市川塩浜側は護岸が整備されていて、地元の釣り人に人気の場所。足場が少し高いので、チョイ投げが有利だ。

千葉・浦安でのハゼ釣りで本命60尾 ちょい投げ&ミャク釣りで手中猫美川河口(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

コンパクトロッドに市販の投げ釣り仕掛けを準備して、青イソメで狙う。遠投すると根掛かりが多いうえにアタリも少ないので、近距離を狙うのがコツだ。

開始早々からアタリがあり、竿先をコンコン叩く。頃合いをみて回収すると、10cmを超える良型がヒット。仕掛けを投げ込んで変化がない場合は、少しサビいてアタリを待つ。アタリがあった場所を重点的に狙っていると、プルプルとアタる。ミャク釣りとは違った楽しみで面白い。

短時間で数釣り満喫

コツコツと数を伸ばし、12尾キープできたところで終了。潮位や狙う距離もあると思うが、数は境川、サイズは猫実川河口がよかった。計4時間程度で、最終釣果は60尾。

キープしたハゼを天ぷらで食べると、新鮮なのでとても美味だった。浦安地区のハゼは好釣果が継続しているおり、まだしばらくは楽しめそうだ。

<週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
浦安地区
この記事は『週刊つりニュース版』2022年10月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。