波止フカセ釣行:本命グレの型出ずも美形チヌ登場!【淡路島・古茂江】

残暑がまだまだ厳しいが、ボチボチ各地でグレの釣果情報が出てきている。今回は三重・尾鷲に尾長グレを狙いに行こうと思ったが、台風のウネリに天気も悪いようなので、いつでもすぐに撤収できるように、淡路島の古茂江に行ってきた。

兵庫県洲本港付近のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

当日の状況

この日のタックル

この釣り場はテトラでの釣りになるのだが、結構足場がいいのでお気に入りの釣り場だ。

釣れるグレのサイズは小さいが、エサ取りの中からグレを釣る練習もできるので、勉強になる場所でもある。

今回は9月1日に行ってきたのだが、当日の朝は雷雨が凄くてサオが出せず。

車の中で待機をしなければならない状況だったが、何とか1時間ほど待つとサオが出せる状況になったので、急いで釣りの用意を済ませ、足場に気を付けながら釣りを開始した。

まきエサを入れて海中の様子を見るが、びっしりオセンがいて、海面が真っ黒になる。

足元にオセンを釘付けにしておくまきエサをたっぷりと打って、サオ3本ほど先を狙っていく

何投かしていると、ウキが横走りした。

エサ取りの猛攻続く

アワせると20cmほどのサバ!「うわ~、これは最悪」と思いながら、何とかグレを釣ろうと頑張る。

しかし、サバの勢力は増すばかりで、なかなか思うようにいかない。
やっと釣れたと思っても、15cmにも満たないグレで苦労させられる。

コレは大物の予感…

しばらくして、少しサバの動きがマシになってきたと思っていると、今度はアジが登場!これで私の心はポッキリと折れ、少し休憩とした。

次ページでようやく1尾目!