ボート秋エギング攻略:キャスティング&ティップランのキホン【解説】

秋本番ということで、いよいよ待望のアオリイカシーズン到来だ。今回紹介するのは混雑する陸っぱりを避けたボートエギング。従来のキャスティングと大ブレイクとなったティップラン、この2つの釣法を解説してみたい。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

今年のアオリイカは期待大

記録的な猛暑に見舞われた今年の夏だが、これはアオリイカにとって好環境であることが予想される。

アオリイカが卵から孵化するのは、水温が18度を超えてからと言われているが、猛暑のおかげで水温が一気に上昇し、孵化には最適の状況だったといえる。

数年前に日本海、太平洋問わずアオリイカが絶不調だった年の夏は冷夏。
野菜が高騰し、米不足の声まで聞かれていた。

これらのことを考えると、今年のアオリイカは非常に期待が持てると思っていいだろう。

今年の秋イカは期待できそうだ

キャスティングとティップラン

ボートからのエギングだが、大きく分けて2つの釣法がある。
陸っぱりと同じく、エギを岩や藻周りにキャストしてイカを誘い出してエギに乗せるキャスティング

そして数年前に大ブレイクした深場を攻めるティップランだ。

近年はティップランの大流行もあり、ボートからのアオリイカ=ティップランという図式が成り立つほどだが、決してそんなことはない。本来ティップランは秋が深まって水温が下がり、深場に落ちたイカを狙うために編み出された釣法。かと言ってシーズン初期にティップランで釣れないかと聞かれれば、答えは「釣れる」だ。

初期でも手つかずの深場はアオリイカパラダイスとなっており、近年は時期を問わずティップランが楽しめるようになってきた。どちらを選ぶかは状況次第だが、好みによるところも大きい。

 

次ページでタックル選択を解説!