磯釣り愛好家の「ひと手間」レシピ:クロ(メジナ)のかぶら煮風

磯釣り愛好家の「ひと手間」レシピ:クロ(メジナ)のかぶら煮風

そろそろ磯グロ(メジナ)のシーズン。序盤に釣れるものは、どうしても脂の「のり」がいまひとつ。そこで今回は「クロのかぶら煮風」を紹介。これだと旬のクロの味に近くなるので、試してみよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

かぶら煮とは

冬に収穫した蕪(カブ)を使った煮込み料理のことで、魚と一緒に炊く調理法が一般的。カブはすりおろして使うことが多く、初雪を演出する日本料理としても知られる。

今回はカブの代わりに大根を使用。カブに比べ、コストが抑えられるところが嬉しい。

クロの目利き

まずは美味しいサイズの見分け方。いわゆる目利きだ。序盤に釣れるクロは30cm前後の小型が多いものの、時折40cmを超す大型も交じる。この時期、食べて美味しいのは小型のもの。脂も「そこそこ」のり始めている。一方、大型は皮が硬く、脂が少ない。

クロの持ち帰り方

次は上手な持ち帰り方。ハリ掛かりしたクロはナイフなどを使って絞め、しっかり血抜きをする。この時、クーラー内は潮氷にし、魚全体がよく冷えるようにしておこう。

下処理

持ち帰ったクロは頭とワタを取り、腹側の血合までしっかり水洗いする。血合を取るのと取らないのでは風味がかなり違うので、ここは手を抜かずに。包丁の先でこぞぐか、耳かきを使うとスムーズに行える。

3枚におろす

下処理を済ませたら、3枚におろす。30cm以下の小型はウロコを剥いで3枚に。40cm級の大型は皮を剥いだほうが食べやすいため、ウロコが付いたままおろし、最後に皮を剥ぐと簡単でラクだ。

磯釣り愛好家の「ひと手間」レシピ:クロ(メジナ)のかぶら煮風3枚におろす(提供:TSURINEWSライター松田正記)

食べやすい大きさにカット

サク取りしたあとは食べやすい大きさにカットする。刺し身よりもやや大きく切ったほうがタレ(だし)と絡みやすい。

油で揚げる

カットしたものは片栗粉をまぶし、油で揚げる。天ぷら鍋に魚を入れる際は170℃くらい。で、気泡が落ち着いたら、160℃に落とすといいだろう。

磯釣り愛好家の「ひと手間」レシピ:クロ(メジナ)のかぶら煮風片栗粉をまぶして揚げる(提供:TSURINEWSライター松田正記)

優しいだしが決めて

揚げ終わったら、だしと絡める。割り下は次の通り。だし6:濃口しょう油1:みりん1、砂糖少々。

最後の工程

最後の工程は大根おろしを投入。ひと煮立ちしたら、完成。日本酒によく合う。

磯釣り愛好家の「ひと手間」レシピ:クロ(メジナ)のかぶら煮風おろし大根を投入(提供:TSURINEWSライター松田正記)

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。