未利用魚だった『シイラ』の価格が突然高騰 まさかの円安が影響?

未利用魚だった『シイラ』の価格が突然高騰 まさかの円安が影響?

日本の広い範囲で漁獲されながらも、あまり利用されてこなかったシイラ。しかしとある意外な理由でいま、この魚の価値が上がっています。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

未利用魚のシイラの価格が高騰

若狭湾に面し、福井県を代表する漁港のひとつである小浜漁港。ここで最近、大型の食用魚であるシイラの好漁が続いています。

シイラは温かい海を好む魚で、黒潮の当たる太平洋沿岸の魚というイメージがありますが、日本海側の暖流である対馬海流に乗って福井沖までやってくるため、同県では毎年夏に漁獲があります。

未利用魚だった『シイラ』の価格が突然高騰 まさかの円安が影響?シイラ(提供:PhotoAC)

水揚げも少なくなく福井県のプライドフィッシュにも認定されている一方で、実は我が国ではあまり需要がない「未利用魚・低利用魚」のひとつです。そのためこれまではシイラがたくさん獲れてもあまり喜ばれることはなく、文字通り投げ売りされることが多かったのです。

しかしそんなシイラが今年、突然「金のなる木」になっているといいます。しっかりとした浜値がつき、降って湧いた好況に市場も盛り上がっているようです。

ユニークさの塊・シイラ

シイラは上記の通り、暖流に乗って夏から秋にかけて我が国の沿岸にやってくる回遊魚です。釣りで針にかかると派手にジャンプするため、英語では「ドルフィンフィッシュ」と呼ばれます。

大きいと1mを遥かに超え、生きているときは黄色と青の美しい色合いをしています。この色合いのため熱帯魚であると思っている人も多いのですが、近年は北海道でも釣れるようになっています。

未利用魚だった『シイラ』の価格が突然高騰 まさかの円安が影響?釣りたてのシイラ(提供:PhotoAC)

実は赤身

シイラは近縁のエビスシイラとたったの1属2種でシイラ科を構成しており、ユニークな点が多い魚です。

外見も、オスはおでこが大きく出っ張り一度見たら忘れない面構えをしています。そして中身についてもも、筋肉の見た目は白いですが、筋肉中の赤身成分であるヘモグロビン・ミオグロビンは多く含まれており、こう見えて赤身魚だったりします。

次のページでまさかのシイラ高騰の理由は「◯◯」だった!?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。