船タチウオテンヤ釣行:大物の正体はドラゴン?!【大阪府・谷川港】

なじみの谷川港・瑞宝丸の尾崎恭之船長から「タチウオがぼちぼち始まったよ。出ておいで~」と連絡をもらった。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日の誘いパターンとタナ

左隣の寺本さん、左舷のミヨシに入った田中さんの2人が、手返しの早さを武器に、1匹、2匹とどんどん掛けまくる光景が飛び込んでくる。エサを付け直し2投目。

やはり大きな誘いに敏感な当日のタチウオ。シャクリのあとに入れたフォール中に一気にサオが絞り込まれた。80cm前後だったが、これで2匹目。

大きな誘い+タナは底から10m前後というキーワードを把握できたので、ひとまず朝イチは十分の収穫だ。

一方で、アタリは多いのだが、型が小さくなかなか乗らないという課題が浮上。小さいアタリを追わせて追わせて…、を繰り返すもなかなか掛からず、開始1時間ほどで、私はまさかの苦戦モードに(笑)。

大物ヒット!

さらに8時前から、一時スコール並みの大粒の雨が落ちてきた。潮も止まり、アタリが遠のいてしまった。ようやく天候が回復しだしたのは、9時過ぎのこと。

天気が回復し再びアタリを狙う

少し潮も動き出したので、南寄りのポイントに移動。底にテンヤを落とし込み、シャクリ上げ、フォールをした後、ググッと一気にサオが絞り込まれた。大きくアワせると、グン、ググググッとかなりの手ごたえ。

「お、これはついにメーターか。それともサワラか?」と期待しつつ回収。水面に浮いてきたのは、人生で初めて掛けた、80cmクラスのハンマーへッドシャークだ。

大物との引きを味わい(?)、新調ザオの粘り強い感覚をつかんだところで打ち返すと、隣では寺本さんと芝辻さんが、サメの引きと似た感触と戦っている。

良型ハモをキャッチした寺本さん

しかし、寺本さんは1m超えの良型ハモ、さらに芝辻さんは110cmの大型タチウオ。

「なぜ、私だけサメなの(泣)」とショックを受けつつも必死に探る。小型のアタリに苦戦しつつも、ようやく10時過ぎにパターンをつかみ戻して追い込み。

次ページで最終釣果発表!