シロギス投げ釣り:20cm超え合計50尾以上!【長崎県・平戸島】

8月末、ご近所の村上さんと長崎県平戸島へ。千里ヶ浜の海岸で投げ釣りでのシロギス釣りを楽しんだ。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

当日のタックル&仕掛け

村上さんのキス仕掛け

午前1時に村上さんが迎えに来てくれ、すぐに出発。午前4時に目的地の千里ヶ浜の海岸に着いた。

川内港手前の南海岸から湾の入り口前の波止までが村上さんのキスのポイントだ。

私は今回、サオは『キャスティズムT27‐365Q』、リールは『グランドサーフ35』を使用。夜釣り用の仕掛けで集魚ライトを装着し、先バリ11号、エダバリ10号。

エサは砂ゴカイ100gに、小さめの青ケブ100gを用意した。

夜釣り開始!

先バリにエサをたっぷりつけて、フルスイングして引き釣り。夜明け前の護岸だが、すぐにアタリをキャッチし、リールを巻くと先バリにキスが釣れた。ハリをのみ込んでいて、22cm級の良型だ。集魚ライトのおかげで2投目もエダバリに18cm級がヒット。

村上さんもフルスイングで4色(1色=25m)投げ、すぐにヒット。しかも22cmと25cmのダブルで「来て良かった」との声。彼は青ケブをたっぷりつけていた。

湾寄りの波止に移動し、フルスイングで3色放出。引き釣りを始めると同時に、キス特有のサオ先を引き離す大アタリで26cm級の大型が釣れた。やっぱり夜釣りのキスは大きい。

6時前になって周囲が明るくなってきて、フグやキンギョが連で掛かるようになってキスのアタリが遠のいたので移動。ここまでわずか90分ほどで、村上さんは18~26cmを18尾、私は12尾とまずまず。

次ページで日中の釣りへ