船エサタチウオ釣行:子連れで楽しむ夜間釣行【静岡県・用宗港】

また台風が発生。急きょ台風前の9月1日に駿河区の用宗港からタチウオ狙いで釣行した。当日は娘も同行。親子ともに本命の顔を拝むことができたのか?

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日のタックルと仕掛け

参考仕掛け

午前2時に集合。今回も船長の許可を得て娘も同行。釣り人は8人+1人、私たちは左舷の一番後ろに釣り座を取った。

軟らかめの船ザオに電動リールをセットして、片テンビンに水中ライトとオモリ100号を垂らす。

ハリス10号3mにタチウオバリ2号を2本結び、チモトに夜光チューブを入れたオリジナル仕掛けを用意した。エサはサンマの切り身だ。

港を出ると、風があって少し荒れ気味。娘の船酔いが心配だ。

ゆっくり走って15分でポイントの安倍川沖に到着した。

ハリス切り詰め1本目

すぐに釣り開始。水深は50mで、底から誘ってアタったところがタナだと船長は言う。早速エサを付けて投入。着底後、誘いながら巻き上げてくると40m付近でアタったが、しばらく待っても食い込まない。

船中で2人ヒットして巻き上げているとアナウンス。私も続きたい。やがてモゾモゾとしたアタリ。追い食いさせようとチョロ巻きしてアワセを入れる。まさかのサバ。

すぐに次を入れてしばらく待つと、またサバだ。娘には「向こうの人はタチ釣れたよ」と痛い一言をもらった。その言葉に焦り、本命のアタリを早アワセで外した。なかなか波に乗れない。

釣れる人の仕掛を参考に

隣の人は順調に釣っている。少し様子を見ていると仕掛けが違う。私もすぐにマネをしてハリスを1m詰めて1本バリに。これでやっと念願のタチウオが釣れた。やはり釣れている人のマネをするのが一番の近道だ。

次ページでは娘もタチウオゲット!?