ヘラブナ釣り上達への道しるべ【埼玉の人気釣り場・ビン沼の攻略法①】

テーマは「埼玉の人気釣り場・ビン沼の攻略法」。酷暑にも関わらず朝夕を中心に連日多くの釣り人が訪れるのが埼玉県さいたま市と富士見市の境を流れるビン沼だ。魚影は確かに濃いが連日のエサ打ちで魚のIQはかなり高い。高活性ならまだしも、多少でも渋ると途端にエサの追いが悪くなる。それをどう攻略するか。第1回は酷暑真っ只中の8月後半に行った実釣編。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

ビン沼でのタックル

当日のタックルとエサ

5時に砂塚橋下流南岸の老人ホーム前に釣り台を置く。

さいたま市の最高気温予想は37度。日中の釣りは厳しくなるので、納竿を12時と決めて「それまで頑張る」と戸張。

両ダンゴの配合

11尺竿を継ぎ両ダンゴの宙釣りで狙う。ブレンドはガッテンとGTSが240㏄+カルネバとBBフラッシュが120㏄+水120㏄。硬めに仕上がるので、それを手水と押し練りで調整しながら使う。スタートのタナはとりあえず1本。

実釣開始

5時20分にエサ打ち開始。するとすぐに触りが出始めたが、ヌーヌーする感じでどうもヘラっぽくない。考えてみればここは野釣り場。ヘラ以外の魚がいるのも当たり前の話だ。

戸張 誠

「調子のいい日ならジャミからすぐに本命に変わるのでしょうが、今日は時間がかかりますね。」

 

打ち始めて30分。そろそろ強いアタリが出始めてもいいころなのだが。そこでタナを1本半にしてみると、いきなりズンとアタってコイがハリスを切っていった。試しに底ダテしてみると、トップ先端が水中に見えている。つまり底スレスレを釣っていたわけだ。ところがそれでもタナはそのまま。大丈夫なのだろうか?

戸張 誠

「道糸とハリスの号数に通常より差を付けてありますので、コイは怖くありません。それより上層からの触りがないのでタナを浅くする理由も見つからない。ゆえにタナはそのままでもう少し様子をみましょう

 

コイに荒らされたのか数投は何も動かなかったが、しばらくするとそれっぽい触りが出てそこからカチッと落として、ついに本命が顔をだす。サイズは尺1寸級とまずまずだ。

戸張 誠

これまでの経験上、ビン沼ではナジミ途中の触りが出るのですが、今日はそれがない。どういうわけかタナが深い。酷暑の影響でしょうか。」

 

しかし、2枚釣った直後にまたコイがきて、さすがの戸張もウキ下を1本に戻す。しかしこのタナだと、なぜか触りが出ずまたヌーヌーを繰り返すばかり。

戸張 誠

「1本はダメってことですね。ただし1本半じゃコイがくる。」

 

そこでタナを1.3本にして再度エサ打ちを繰り返すと、今度はいい感じで触りとアタリが連動して釣れ始まった。コイも顔を見せない。

こうしてポツポツだが確実にカウントを重ねる戸張だったが、9時半を過ぎるとアタリがパタリと遠のいてしまう。

次ページでトロ巻きセットへ