船エサタチウオ釣行:子連れで楽しむ夜間釣行【静岡県・用宗港】

また台風が発生。急きょ台風前の9月1日に駿河区の用宗港からタチウオ狙いで釣行した。当日は娘も同行。親子ともに本命の顔を拝むことができたのか?

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

お次は娘の番!

タチウオが釣れて娘も喜んだが、冷静に次は私の番だと言ってサオの横に落ち着いた。置きザオで待っていると、モゾモゾアタリから一気にサオ先が入った。海が荒れている中でもすぐに分かるアタリだ。

娘はすかさずアワセのレバーのスイッチオン。いいタイミングだ。ハリ掛かりして何度もサオを絞り込む。

やがてリールが止まり、船ベリをずり上げたのは80cm級の良型タチウオだった。

次はパパの番とクールな娘。1匹ずつ順番に釣っていく。そして3匹ほど釣ったら満足したのか、おなかが空いたと言ってお菓子タイムに。「パパ釣ってていいよ」と上から目線で言われた。

朝の時合い到来!

それが午前4時すぎ、夜明け前のラッシュ時だ。投入して35~40m付近で誘いを入れてしばらく待つとアタリがくる。数回モゾモゾしてから一気に食い込む。しかも全部口元のいい場所にハリ掛かりしており、途中で外れたり、ハリをのみ込まれてハリスが切れたりすることもなかった。

佳境に入ってきたころ、娘が「次は私が釣る」ときた。海もいい感じにうねっていたので、それが置きザオでもいい誘いになって食ってきた。

そして空が白み始めるとラッシュが終わり、深場に移動となった。水深は130m、タナは底~80m。食いは悪くなり、手返しも悪い。警戒心が強くなったのか、ハリ掛かりまでいかずエサ半分で離してしまう。急に渋くなり、深場に移ってからの釣果は2匹だ。

本日の釣果

父娘で20匹手中に

午前7時、タチウオ70~90cm20匹(娘は5匹)とサバを釣って納竿となった。娘の船酔いは大丈夫そうなので、これからも一緒に釣行したい。

<週刊つりニュース中部版 鵜沢淳/TSURINEWS編>

▼アクセス
用宗港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年9月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。