雨の日の陸っぱり釣行を快適にする裏技 屋根がないなら作ってしまう?

雨の日の陸っぱり釣行を快適にする裏技 屋根がないなら作ってしまう?

「釣りに行こう!」と決めていたのに雨……なんてことはよくある。そんなとき、釣り自体を諦めている方も多いのではないだろうか?筆者の場合、小雨程度であればすすんで釣りに行く。実は釣りにとって大敵となるのは雨よりも風だ。むしろ雨だとライバルも少なくなることが期待できる。今回は、雨の日を"釣り日和"にする裏技を紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターNoni)

Noni

1980 年、香川生まれ。2 児の父。瀬戸内海でのカヤックフィッシングを中心に、ソルトゲームを楽しむ。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

雨の日でも快適に釣りができる場所とは?

雨の日の陸っぱり釣行を快適にする裏技 屋根がないなら作ってしまう?橋の下(提供:TSURINEWSライターNoni)

雨の日に快適に釣りができる場所=屋根がある場所となる。屋根があって海(川)がある場所、それは『橋の下』だ。筆者の住むエリアには片側2車線の道路がそのまま橋になっているところがあり、漁港から海に抜ける海峡にかかっている。

その下に行ってみると、意外と広いことに気づく。これなら雨が少々降っても濡れずに釣りを楽しむことができる。また、橋の下といえば橋桁などのストラクチャーが存在する場合もあるだろう。

皆さんの住む地域でも、こういった『橋の下』のポイントをひとつ押さえておくと、雨の日に役立つのではないだろうか。

屋根を作る裏技?

雨の日の陸っぱり釣行を快適にする裏技 屋根がないなら作ってしまう?トランクのドアを屋根に(提供:TSURINEWSライターNoni)

これは”言わずもがな”な話かもしれないが、車のハッチバックドアを屋根にする方法がある。筆者の住む地域でも、これを実践している年配アングラーは多い。

海の間際まで車で行けるポイントに限定されるが、跳ね上げ式のトランクドアの車をお持ちであれば、チャンスはあるだろう。

雨の日に不向きな釣りとは?

雨の日の陸っぱり釣行を快適にする裏技 屋根がないなら作ってしまう?雨の日に釣ったアオリイカ(提供:TSURINEWSライターNoni)

雨の日には様々な制約が生まれる。たとえば、現在主流となっているPEラインは濡れるとロッドやライン同士が張り付きやすいため、軽量なルアーは投げにくくなる。また、雨粒がロッドに当たるとアタリをとりづらくなる。その観点から、メバリング・アジングなどのライトゲームや、エギングなど繊細なアタリを捉える釣りは雨天には不向きだ。

逆に、ちょい投げなどのエサ釣りならいつもとかわらずできるだろう。筆者も普段はルアーゲームがほとんどだが、いつもと異なる雨の日には、いつもと異なる釣りにトライしてみることも多い。

次のページで雨の日の釣行の注意点とは?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。