相模湾キハダマグロ船でキハダマグロ5尾好捕 エビングにヒット集中

相模湾キハダマグロ船でキハダマグロ5尾好捕 エビングにヒット集中

相模湾小坪のキハダ、カツオ乗合太郎丸に乗船してきた。乗船当日は、エビング組がキハダ30kg超含め次々と快釣、これから本格化する気配を予感できた釣行をレポートする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮 隆)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

太郎丸でマグロ釣り

9月9日(金)、相模湾小坪の太郎丸のキハダ、カツオ乗合に釣友の松本さん夫妻と3人で乗船した。

5時15分に受け付けを済ませ、6時すぎに15人の釣り人を乗せ高橋船長の舵取りで出港。当日はミヨシの船首部分の5人がエビング、あとの10人がコマセ釣り。

相模湾キハダマグロ船でキハダマグロ5尾好捕 エビングにヒット集中太郎丸船着場略図(作図:週刊つりニュース関東版APC・間宮 隆)

期待を胸に船は南下していくが、なかなか群れが浮上せず、トリヤマも見当たらない。いつもなら1時間くらい走ったあたりでスローダウンといった具合が、大きな群れに遭遇するまでにかなりクルージングの時間を費やしてしまう。

当日の仕掛け

8時すぎ、ようやく大きなトリヤマを発見。船は、そこへと接近してスローダウン。「カツオ20m、マグロ30mでやってみてください」のアナウンスで開始。

私たち3人の仕掛けはフロロカーボンライン14号2m、ハリはヒラマサ14号で、まずはカツオ狙い。

相模湾キハダマグロ船でキハダマグロ5尾好捕 エビングにヒット集中当日のタックル(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮 隆)

21mまで仕掛けを下ろして、数回大きくシャクってコマセを振り出し、指示ダナの20mでアタリを待つ。だが、無反応。すぐに「はい、上げてください」のアナウンスで流し替え。

群れの移動がかなり速いみたいで、この状態が短い間隔でしばらく続いていく。ソナーの反応のわりにはアタリが出せず苦労する。

相模湾キハダマグロ船でキハダマグロ5尾好捕 エビングにヒット集中アタリを待つ筆者(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮 隆)

26kgキハダヒット!

9時半すぎ、エビングの2人が同時ヒット。全員仕掛けを上げてやりとりを見守る。残念ながら、1人はハリ外れ、ゲットできたのは野村さん、26kgくらいのキハダをゲットする。

相模湾キハダマグロ船でキハダマグロ5尾好捕 エビングにヒット集中野村さんはキハダゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮 隆)

ハリスフロロカーボンライン20号4.5mでエビングの種類は秘密、30m付近でヒットしたようだ。

ヒット後、すぐに自作のかなり重いガッチリとしたマグロリングを投入。重いのでキハダの頭にすぐに到着してハマるようで、浮上したときにはガッチリとリングがハマっていた。そのためキハダの弱りも早くて、あまり時間をかけずに取り込みに成功した。

歓喜の20kg級キハダをゲット

それから15分後、先ほどバラしたエビングの西岡さんにヒット。すかさず、マグロリング投入。どうやらエビングの5人は釣り仲間で、この連係は手際がいい。またしても、あまり時間をかけずに20kg級キハダをゲットした。

相模湾キハダマグロ船でキハダマグロ5尾好捕 エビングにヒット集中歓喜の西岡さん(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮 隆)

次のページではキハダ狙いでダブルヒットも

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。