三重のサーフでの投げキス釣りで本命100匹超え 10連掛けも達成

三重のサーフでの投げキス釣りで本命100匹超え 10連掛けも達成

8月下旬、三重県津市の阿漕浦海岸へキスの投釣りにいってきた。少し型が小さくなったが、ピンギスはほとんどいないし、数は多いようだ。当日の釣果は、少し小さめではあったが、20cm頭に3ケタと爆釣、キスのアタリを堪能した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・横山准司)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

阿漕浦海岸で投げキス釣り

今年は天気が不安定で、各地でゲリラ豪雨が発生している。私が住む三重県でも、最近頻繁に発生している。雨だけならまだいいが、雷が伴うので少し厄介だ。豪雨に見舞われた記憶はないが、今年はゲリラ豪雨に数回遭遇した。雲行きが怪しくなりポツポツと降り始めると、アッという間に土砂降りになるので間に合わないことが何回かあった。雨量が多いので、数分でずぶぬれだ。

8月下旬、釣行当日も局所的に降る予報だったが、三重県津市の阿漕浦海岸へ釣行した。少し型が小さくなったが、数は多いようだ。小さいとはいえピンギスはほとんどいない。

潮は大潮、満潮が午前6時16分、干潮が午後0時46分。ほとんど引き潮の時間帯なので、時間の経過とともにキスは沖に移動することが考えられるため、条件としてはあまりいい気はしなかった。

午前3時に起床、車に道具を積もうと思ったら、外は豪雨に近い状態だ。早速予想外。30分ほど待ち、小降りになったので家を出発した。

当日の仕掛け

現地には午前5時少し前に到着。まだ薄暗く、車の数も少ない。やがて友達が到着、あいさつをして砂浜に向かう。防潮堤から海岸を見下ろすと、意外に釣り人が多い。皆さん暗いうちから砂浜で準備しているようで、等間隔に並んでいた。

海に向かって左側に3人並んでサオを出せるスペースがあったので、そこでサオを出すことに。キスはたくさんいると予想し、波がないので半遊動テンビン25号に14本バリで準備を終えた。

三重のサーフでの投げキス釣りで本命100匹超え 10連掛けも達成当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版APC・横山准司)

期待を込めて1投目は4色(1色は25m)に投入。海は穏やかで波気はなく、色は悪くない。期待しながら探り始めるがアタリが出ない。探る速度に変化をつけても、一向にアタリが出ない。0.5色残して仕掛けを回収すると小さなハゼだけで、キスがいない。エサはほとんど残っている。

2投目は4色半へ入れるが、アタリがないまま仕掛けを回収。3投目は5色へ投入したが素バリだった。どうしたものか。

場所移動でキス8匹掛け

海の家がある方の石段の前で釣りをしている人は釣れている様子なので、すぐに移動決定。3人で並んで入れるスペース探しながら歩き、なんとか場所を確保した。釣れていた人は海の家寄りだが、狭いところに入るのは迷惑なので、ここで仕切り直しだ。

1投目は4色へ投入。しばらく探っているとキスのアタリが出た。ひと安心だ。追い食いを狙って探る速さを調整しながら続け、ついでにキスのいる範囲を調べるために足元近くまで探ってくると、0.5色でもアタってくることが分かった。チカライトが見えた所で回収すると、キスが8匹掛かってきた。型は小さいが、先ほどまで素バリ続きだったので大満足だ。友達もキスのアタリを捉えたようだ。

エサを付け替え、2投目は先ほどと同じように4色出し切りの所へ投入。探り始めるが、4色の中はアタリが出ない。3色のイトに入った所でキスのアタリ。だがエサに群がるようなアタリが出ない。少し間隔を開けたアタリだ。群れは小さく、散らばっているよう。

10匹掛けも

時間をかけた方が良さそうなので探る速度を遅くすると、ポロポロとアタってくる。チカライトが見える所で回収すると、小型だがキスが10匹掛かってきた。少し良いのが交じっている。

三重のサーフでの投げキス釣りで本命100匹超え 10連掛けも達成ゆっくり探ってキス10連!(提供:週刊つりニュース中部版APC・横山准司)

次のページで最終釣果をは果たして?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。