船&磯からアカハタ釣り堪能 カサゴ交じりでクーラー満タン釣果に満足

船&磯からアカハタ釣り堪能 カサゴ交じりでクーラー満タン釣果に満足

大分県南の深島の磯に出掛けた筆者。渡船で利用したふかしま丸船長の好意で、船からの根魚釣りもさせていただけることに。沖・磯どちらからもアカハタをキャッチすることができた釣行をお届けします。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

藤本みどり

フカセ釣りに魅了され、1年中元気に釣りに出掛けています☆自然の中で四季を感じながら、日々コツコツ楽しく学んでいます。【釣研スペシャルスタッフ/釣まんフィールドテスター】

×閉じる

海釣り 磯釣り

大分で磯釣り

8月15日は、釣り仲間6人でふかしま丸さんにお世話になりまして大分県南の深島の磯に出掛けました。朝5時出船で、私と兼元さん以外の4人は名礁「ウスバエ」に上がりました。オナガやイサキ狙いの方には絶好の釣り場です。真夏のオナガチャレンジ、結果は如何に?

そして、今回はたまたまルアーマンのお客さんが多く、船長さんの思考が私たちにとってはラッキーな方向へ傾いたのです。なんと!ほんの少しだけ、船からのロックフィッシュを実現させてくれるとのこと。私にとっては初めての経験なので、とても嬉しかったです。

船からアカハタ・カサゴ釣り

船からのロックフィッシュ、船長さんのご厚意で約2時間の釣りとなります。そうなると、手際のよさが求められます。ゆっくりとタナを探っていくというよりかは、重いシンカーで一気に底を取り、誘いをかけながらスピーディにラインを巻き取っていこうと思いました。私は根掛かり回避率の高いシンカーを迷いなく選択です。

最初のポイントは、磯場がすぐに見える場所でした。重さ21gを装着します。同行の兼元さんが、いきなりヒット!!力強く巻き取ったラインの先には……皆さんが釣り上げたい一心で焦がれている「アカハタ」でした。おめでとうございます!船の中では期待の歓声があがりました。

船&磯からアカハタ釣り堪能 カサゴ交じりでクーラー満タン釣果に満足開始早々アカハタ(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

そして、私にもすぐにヒット!!張り切って、リールを巻いていきます。最初に顔を見せてくれたのは、まんまる肥った美味しそうなカサゴでした。その後も面白いくらいに、根魚特有のコツコツとしたアタリがあります。ハリ外れも多いのですが、黙々と集中して、なんとかカサゴを釣り上げていきました。

船&磯からアカハタ釣り堪能 カサゴ交じりでクーラー満タン釣果に満足私はカサゴをゲット(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

場所移動でアカハタ連発

船で場所移動、今度は深場だと予想し、21gのオモリを2つ付けてみました。潮や風向きを見ながら、ラインをフリーにして、どんどん仕掛けを落とし込んでいきます。ついに、ボトムから一度誘った後にガツンと引きの強さを感じさせるアタリが到来です!もう海面まで浮かせなくても分かる、そう、アカハタに間違いない。海面には輝くレッドカラーが太陽の陽射しを浴びて輝いています。思わずガッツポーズ(笑)。

しかもこのポイントは、アカハタが住みやすいのか……贅沢にも連続ヒットです。兼元さんと2人で1つのクーラーを使用し、クーラー満タンとなりました(暑かったので、底には大きな氷が入っていますが~(笑)。アカハタとカサゴでクーラー満タンだなんて、夢のようでした。

船&磯からアカハタ釣り堪能 カサゴ交じりでクーラー満タン釣果に満足クーラー満タン(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

次のページで磯釣りに転戦した模様をリポート!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。