福井・若狭エリアの陸っぱりエギングで秋イカ手中 夜明け直前にヒット

福井・若狭エリアの陸っぱりエギングで秋イカ手中 夜明け直前にヒット

先日、福井県の若狭方面へ、アオリイカの調査に行ってきた。どこも満員で釣り座を探すのに苦労したが、世久見漁港近くの遊歩道でスペースを確保。朝マヅメ狙いで本命2匹をキャッチした釣行の模様をリポートする。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 大垣市・東川久美子)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

若狭エリアへエギング釣行

先日、福井県の若狭方面へ、アオリイカの調査に行ってきた。当日は夕方、暗くなるタイミングでポイントに入り、夜から朝マヅメを狙う。特に満潮前後は期待して場所を選ぶ。この日は平日ということもあり、どこかは空いていると思ったのだが、これがそもそもの間違い。どのポイントもアングラーで満員御礼だ。

結局、常神半島の先端まで行くが、ここも場所がなくあえなく移動。結局深場狙いは諦めて浅場の磯へ。新月ということもあり真っ暗で、震えながらポイントを探す。

若狭町世久見漁港近くで実釣

しばらくして良さげな場所を発見。福井県・若狭町の世久見漁港近くの遊歩道に釣り座を構えることができた。

移動時間が長かったので、準備を早々に済ませて2.5号のエギをキャスト。風裏なので無風状態でのキャストで、エギが飛んでいかず狙ったポイントの手前でポチャン…。何の反応もないまま時間だけが過ぎていく。

波は高く、足元まで打ち寄せてきたので危険と判断し、いったん退却して休憩し満潮の後の朝マヅメの2時間に勝負をかけることにした。

胴長10cmアオリイカ登場

車で仮眠を取ってから気合を入れ直し、先ほどのポイントまで移動。ありがたいことに波は落ち着いてきて、先ほどまでの怖さもなくあらためてキャスト。その1投目で奇跡が……。

待ちに待ったアオリイカ、胴長10cmほどのかわいい子がエギを抱いてきてくれたのだ。記念撮影をして、海に帰っていただきました。

これでスイッチが入った私は、釣友とひたすらキャスト。大きくシャクリを入れてステイ、次に小刻みにシェイクを入れてからの小さなシャクリ。これを繰り返しながらエギングを続ける。

次のページで胴長18cmの本命登場!!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。