イカダからのサンバソウ釣りで25cm頭に6匹 カラス貝エサにヒット

イカダからのサンバソウ釣りで25cm頭に6匹 カラス貝エサにヒット

福井県敦賀市手のあけぼの渡船は、敦賀半島の東海岸に浮かぶ3基のイカダとカセで釣りを楽しませてくれる。8月17日は好調のサンバソウを狙ってみた。サンバソウはご存じの通りイシダイの幼魚で、食べてもすごくおいしいので、私は夏に好んで敦賀に釣行する。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・日比野昭光)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

サンバソウ&クロダイ登場

早速カラス貝のむき身をハリに刺し、重めのオモリで沈める。アタリはウキとハリスがなじんだころに出ることが多い。アタリは海面に出ていたウキのトップがゆっくりしもるか、グンと海中に引き込まれる。

良型クロダイが釣れたときもそんな感じで、ウキがわずかにしもったので大きくアワセを入れた。ゴンと大きな魚の抵抗が伝わりヒット。最初は軽快にリールが巻けたが、中ほどまで上がってくると首を振って抵抗する。強い引きにリールのスプールを緩めて対応すると、勢いよく逆回転する。クロダイ釣りの心地いい瞬間だ。

イカダからのサンバソウ釣りで25cm頭に6匹 カラス貝エサにヒットクロダイ手中(提供:週刊つりニュース中部版APC・日比野昭光)

3度ラインの出し入れを繰り返したが、やがて海面に浮かせることができた。計測すると44cmの良型クロダイだった。

大満足の結果に

気を良くして釣りを続けるが、そういえば朝イチに釣れていたサンバソウが昼ごろにはパタっとアタリもなくなった。敦賀のサンバソウは暑さを強く感じる夏に釣れる。季節はまだまだ夏だが、海の中は秋に向けて進んでいるのか。季節の移り変わりを感じる。敦賀湾の秋はクロダイが釣れるが、その前触れのような魚種の変化だった。

イカダからのサンバソウ釣りで25cm頭に6匹 カラス貝エサにヒット満足の釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・日比野昭光)

結果はクロダイ2匹とサンバソウ25cm6匹、シマイサキ4匹となり、大満足の釣行だった。

<週刊つりニュース中部版APC・日比野昭光/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
あけぼの渡船
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年9月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。