釣り公園のサビキ釣りでサッパ好捕に笑顔 ゆっくりフォールに好反応

釣り公園のサビキ釣りでサッパ好捕に笑顔 ゆっくりフォールに好反応

8月31日、筆者の主宰する釣りクラブのメンバーであるさやかさんと、碧南海釣り公園へ出かけた時の様子をレポートしたい。今回は誰でも簡単に釣れる、というイージーな状況ではなかったが、晩御飯のおかず確保には十分なサッパを手にした。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 海釣り公園

碧南海釣り公園でサビキ釣り

8月31日、筆者の主宰する釣りクラブのメンバーであるさやかさんと、碧南海釣り公園へ出かけた時の様子をレポートしたい。前日からサビキとムシエサを購入しておき、午前4時に自宅を出発。さやかさんをピックアップして向かったのは、愛知県碧南市にある碧南海釣り公園だ。

この日は簡単に釣れるサビキ釣りでサッパを狙って、晩御飯のおかずを確保しようという狙いだ。

碧南海釣り公園に到着したのは午前6時。曇り予報だったのだが、雨が本降りとなり雨をやり過ごしていたら、サオ出しが午前7時になってしまった。

釣り公園のサビキ釣りでサッパ好捕に笑顔 ゆっくりフォールに好反応朝少し雨が降りガラガラだった碧南海釣り公園(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

サッパのダブルヒット

1.8mのコンパクトロッドに小型リール、サビキは集魚板を付けた6本バリ4号の下カゴ仕掛け。冷凍アミエビにアジパワーを混ぜて、いざスタートフィッシュだ!

カゴにアミエビを詰めて落とし込むと、いきなりさやかさんのサオが下にたたかれて、小気味良いアタリが出る。「きた~!」とリールを巻いてくると、碧南ではおなじみの10cmほどのサッパがダブルヒットだ。

釣り公園のサビキ釣りでサッパ好捕に笑顔 ゆっくりフォールに好反応最初のサッパがヒットしたさやかさん(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

大きく誘ってゆっくりフォール

その後もすぐにサッパを追加して、「今日は爆釣か」と思いきや、なかなかそうはいかない。じっくりとサビキを上下に誘い続けていると、単発でアタリが出る程度。

爆釣ではないが地味に釣れ続ける状況に、有効な打開策もないまま2人で少しずつサッパを追加していく。渋いながらもサッパからのアタリを引き出す方法を、ここでさやかさんが発見した。その方法とは水中でコマセをまいたら、サオを大きく引き上げて、ゆっくりフォールさせてやると反応が出るようだ。すると確かにアタリが出やすくなった気がする。

さやかさんがじっくり上下の誘いでサッパを狙っている間、私はサビキを投げてみたり、場所を移動してみたりといろいろ試してみたが、今ひとつ釣果が伸びない。

ゆっくりペースではあるがサッパが掛かってくるので、これで良しとしよう。

釣り公園のサビキ釣りでサッパ好捕に笑顔 ゆっくりフォールに好反応魚の反応を真剣に見つめる(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

次のページで最終釣果ははたして?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。