東京湾奥でボートハゼ釣り堪能 「1本竿作戦」奏功して402尾で竿頭に

東京湾奥でボートハゼ釣り堪能 「1本竿作戦」奏功して402尾で竿頭に

8月30日(火)千葉県市川市にある江戸川放水路へと、筆者2回目なハゼ専ボート釣行にでかけた。朝からローライトで涼しい天候に恵まれつつ、午前中いっぱい粘って結果的に402尾のハゼが遊んでくれ、竿頭のおまけつきで大満足釣行となった釣行をレポートしよう。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

Avatar photo
なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

船釣り ボート釣り

江戸川放水路

同地は江戸川下流域で分岐している本流であり、初夏からハゼ釣りで人気スポットとなっている。ボート店も数軒が並んでいて、東京メトロ東西線妙典駅側、原木中山駅側と川を挟んでハゼ釣りが盛んなエリアである。今回利用した船宿は前回に引き続き『たかはし遊船』で、親切丁寧に対応してくれる良い船宿である。今回のハゼ専は自身2回目となり数釣りトライ希望で挑んだ。

東京湾奥でボートハゼ釣り堪能 「1本竿作戦」奏功して402尾で竿頭にお世話になったたかはし遊船(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

ハゼ釣りタックル

ハゼ釣りといえばミャク釣り仕掛けで、今回も前回同様にシンプルな仕掛けを使う。

竿は190-210ズーム仕様の万能竿(筆者)、ミチイトは1号、オモリはタル型オモリ1号、ハリは袖針2号と3号、エサはアオイソメをセットしたミャク釣り仕掛け。ボート用に竿掛けと生簀をセットして釣りやすくレイアウトした。

東京湾奥でボートハゼ釣り堪能 「1本竿作戦」奏功して402尾で竿頭に今回使用したタックルと仕掛け(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

ハゼ師も朝は早い

現地到着は5時45分で、店前に行き対岸付近を見るとすでに先行者が数名釣りをしている。私も今日はヤル気満々でライフジャケットを着て受付を済ませ、送迎ボートに乗り込むと船頭がポイントへ曳船してくれた。8月2日に来た時よりもポイントは下流に案内されローボートに乗り換えると周囲の状況をうかがう。

ポイントは岸よりを選択

先行者の中には手慣れた常連さんも数名いて、釣れていそうな水深は浅場のようなので岸寄りにアンカーを打ち、周囲の釣師の状況を見ながら準備をすすめた。朝から周囲も釣れており期待ができそうな気がしていた。

東京湾奥でボートハゼ釣り堪能 「1本竿作戦」奏功して402尾で竿頭に釣り場風景(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

次のページでいよいよ釣りスタート!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。