プチ贅沢なボート釣り【ヤマハ・チャータープラン】で高級魚が目白押し

プチ贅沢なボート釣り【ヤマハ・チャータープラン】で高級魚が目白押し

9月2日、ヤマハマリンクラブ・シースタイルの船長付き「フィッシングチャータープラン」を利用し、プチ贅沢な沼津のボート釣りを満喫してきました。駿河湾を熟知した船長のガイド付きで、初めての海でも終始ガッツリ釣りを堪能したい派の私には最高の一日になったので、その模様をリポートします。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS編集部・佐藤)

白井 亜実

東京湾を中心に、電車で行ける船宿を巡って「船釣り」を楽しんでいます。老若男女問わず共に楽しめるのが釣りの魅力。初心者の方からベテランの方まで、釣りを通した四季の楽しみ方を発信していけたらと思います。

×閉じる

船釣り ボート釣り

沼津へプチ遠征ボート釣り

連日の猛暑が落ち着いてきた9月初旬、仕事もひと段落して有給を取れることになったので、「折角ならば!」と東京から少し足を延ばし、駿河湾に隣接する沼津へ日帰りプチ遠征してみることに。

エサ釣りやルアー釣りなど、私は休日にいろいろな沖釣りを楽しんでいるのですが、青物は東京湾、ヒラメや真鯛は外房、ロックフィッシュやヤリイカは南房といった具合に、季節や釣り物に応じて釣り場は広く分かれています。今回は、日頃からよく一緒に釣りを楽しんでいる田辺さんも同行。沼津での釣りは初めてとのことで、とても楽しみにしていたようです。

プチ贅沢なボート釣り【ヤマハ・チャータープラン】で高級魚が目白押し釣り仲間の田辺さんが同行(撮影:TSURINEWS編集部・佐藤)

行き先を沼津にした理由は、15m前後の浅場から200m前後の深場まで、出船して30分圏内でさまざまな魚種を狙えること。とくにアカハタやオオモンハタなどの根魚は通年釣れているそうで、いつでもロックフィッシュゲームを楽しめるというのは大きな魅力でした♪

船長付きのヤマハ・チャータープラン

9月2日(金)午前4時、期待に胸を膨らませて出発。首都圏から車で2時間前後(高速を利用)、沼津ICを降りて約20分程度で、目的地のヤマハマリーナ沼津に到着。「意外と近くてスムーズに来れるなぁ~」というのが率直な感想。マリーナには広々とした駐車場が完備され、さっそくその場で道具の準備を始めます。

今回の釣行では、ヤマハマリンクラブ・シースタイルの船長付き「フィッシングチャータープラン」を利用。経歴10年以上の駿河湾を熟知した船長のガイド付きで、初めての海でも終始ガッツリ釣りを堪能したい派の私にとっては心強い味方になってくれるはず!

事前の相談がありがたい

サポートしてくれる中村勇希船長に、事前に釣行内容やタックル、近況などを伺ったところ、今はショゴやソウダガツオ、スマガツオなどの回遊があるとのこと。そこで、青物とロックフィッシュどちらも狙う欲張りプランを一緒に計画していただきました。

いつもはあれもこれも持ち込んで荷物が多くなってしまう優柔不断な私。でも、船長がていねいに説明してくれたおかげで、今回はルアーゲームに的を絞り、仕掛けやジグ、ワームなど、抜かりなく準備できました。目標は、ずばり「五目達成」です♪

ジギング&キャスティングの2タックル

準備したタックルは、ジギング用とキャスティング用のライトタックル2種(いずれもPEライン1号・リーダー5号)。SLJなどのライトジギングタックルのひとつで、ジギングのほか、ジグサビキを使った泳がせ釣り、落とし込みで大型の青物や根魚を狙うのが人気なんだそうです。ライトタックルで大物も視野に入れたターゲットを楽しめるなんて、コンパクトな荷物で大きな夢を見ることができて最高ですよね♪

プチ贅沢なボート釣り【ヤマハ・チャータープラン】で高級魚が目白押しライトタックル2種を用意(撮影:TSURINEWS編集部・佐藤)

釣りに特化した「YFR-27」で出艇

準備も整って意気揚々と出船を待っていると、突然の大雨。ひとまず隣接のクラブハウスに避難し、雨が落ち着くまで待機することに。雨雲が過ぎ去るまで1時間ほど。その間、釣行のプランを中村船長と練り直します。土砂降りで一面真っ白だった窓の外が少し落ち着き、美しい海と山が姿を現したタイミングを見計らって午前9時ごろ、待ちに待った出艇です!

プチ贅沢なボート釣り【ヤマハ・チャータープラン】で高級魚が目白押しYFR-27で出艇(撮影:TSURINEWS編集部・佐藤)

この日乗船するプレジャーボートは、YFR-27。魚探が船室内外2カ所に設置されていて、船室の外でもベイト反応を確認可。釣りに特化したモデルというだけあって、船中どの位置でも快適に楽しめそうです。

沼津港沖で青物狙い

足場の良い桟橋を渡って乗り込めば、あっという間に最初のポイントに到着。まずは、近場の沼津港沖で回遊しているショゴなどの青物を狙います。アユ釣りなどで有名な狩野川河口付近のこのポイントは、ベイトが豊富で青物がよく回っているそう。水深は40mほど。小雨が残ってはいるものの、海はいいナギです。

プチ贅沢なボート釣り【ヤマハ・チャータープラン】で高級魚が目白押し海鳥も集まり好気配(撮影:TSURINEWS編集部・佐藤)

ときおり大型魚がベイトに突っ込むような反応が見られ、また海鳥も集まり、魚の気配を感じます。すると、開始早々、同船していただいたスタッフの高田航さんにファーストヒット!船中1尾目はサバでした。

続いて、スピンテール(海太郎 サカナサカナスピン)を使用していた田辺さんもサバをゲット。

プチ贅沢なボート釣り【ヤマハ・チャータープラン】で高級魚が目白押し田辺さんのファーストヒットはサバ(撮影:TSURINEWS編集部・佐藤)

ジグサビキで大サバ

私は、初チャレンジのジグサビキ仕掛け(落とし込み剛サビキ・海太郎 ネコメタル60g)に初チャレンジ。ベイトはすぐにかかってくる状況のようです。

プチ贅沢なボート釣り【ヤマハ・チャータープラン】で高級魚が目白押し青物4点掛けに大興奮!(撮影:TSURINEWS編集部・佐藤)

すると、ジギングをしていた高田さんにヒット!どうやら今度は魚が違うようです。ワクワクして見守っていると、上がってきたのは良型のタチウオ。今の時期、このエリアは夜便でタチウオがよく釣れて、船団ができるほど人気の釣り物なんだそうです。

その後も立て続けにアタリがあり、次のヒットもかなり強い引き。やりとりを楽しんいると、釣れたのは大サバ!中村船長が「ベイトについたサバは美味しいですよ!」とおっしゃるので、お持ち帰りすることにしました。

プチ贅沢なボート釣り【ヤマハ・チャータープラン】で高級魚が目白押し強い引きの正体は良型サバ(撮影:TSURINEWS編集部・佐藤)

次のページで大瀬崎沖でアカハタにオオモンハタが登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。