岐阜での渓流ルアー釣りで良型ヤマメにイワナと対面 ミノーにヒット

岐阜での渓流ルアー釣りで良型ヤマメにイワナと対面 ミノーにヒット

7月29日、この日は有休を取り岐阜県高山市を流れる平湯川に釣行した。良型ヤマメにイワナと対面できた渓流ルアー釣行をレポートします。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・渡辺勝明)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

平湯川で渓流ルアー釣り

私がこの川を訪れるのは約3年ぶりで、久しぶりの流れに思いをはせて現地に到着。ところが川を見て目を疑い、そしてがく然とした。昨年か一昨年に大水が出たのか、川の流れが全く変わっており、3年前の面影が全然見当たらない。しかも水深のあった絶好のポイントも土砂により浅くなり、到底魚が着ける場所ではなくなっていた。

岐阜での渓流ルアー釣りで良型ヤマメにイワナと対面 ミノーにヒットタックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・渡辺勝明)

この状況で釣りをするか迷ったが、せっかくここまで来たことだし日券も買っていたので、取りあえずロッドだけでも出してみようと、準備を整えて入渓する。水量が多く急流なのがこの川の特徴だが、そこだけは3年前と変わっていない。

ヤマメが顔見せ

先発ルアーにベアトリス53Sのオレンジベリーヤマメをセットしてスタート。急流の中の緩流帯を探してキャスト。少し沈めてロッドを縦にあおってアクションをつけて攻めると、早速魚のチェイスがあったが、フッキングせず。

岐阜での渓流ルアー釣りで良型ヤマメにイワナと対面 ミノーにヒット荒れた川でも生き延びていた1匹目のヤマメ(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡辺勝明)

間髪入れずに再びキャストして、同じように攻めると今度はヒット。この日のファーストフィッシュは、18cmほどのきれいなヤマメだ。荒れた川でも魚がいたことにひと安心。

27cm良型ヤマメがヒット

その後は15cm以下のコッパヤマメの猛攻に遭いながら釣り上り、水深のある瀬のポイントが現れた。「ここは絶対いる!」と思いルアーチェンジ。アレキサンドラ50HWの九頭竜ブラックに替えてアップクロスにキャスト。

岐阜での渓流ルアー釣りで良型ヤマメにイワナと対面 ミノーにヒット27cmのヤマメが出たポイント(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡辺勝明)

ドリフトさせながらトゥイッチで攻めると、ゴンといい手応え。すかさずアワセを入れるとヒット。少し型がいいようで、なかなかの引きを見せる。慎重に寄せてネットインしたのは、27cmの良型ヤマメだ。厳しい環境で生き抜いた魚体は、ひと際美しかった。

岐阜での渓流ルアー釣りで良型ヤマメにイワナと対面 ミノーにヒット27cmの良型ヤマメ(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡辺勝明)

次のページで27cm良型イワナ登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。