三重の「SLJ」釣行で多彩な11魚種キャッチ 想定外の『ハモ』顔出し

三重の「SLJ」釣行で多彩な11魚種キャッチ 想定外の『ハモ』顔出し

7月31日、三重県・南伊勢町の遊漁船に、スーパーライトジギングに出かけた。当日は午前5時に現地に到着し、準備を終えた5時半すぎに出船した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

南伊勢出船でSLJ&タイラバ

水深は20m前後ということで、ジグは45gをチョイスした。20分ほど船を走らせ、最初のポイントに到着。水深も浅いことから、ジグをキャストして底を取った後は速めのワンピッチで誘い上げる。

なかなか反応がないため底を狙うと、定番ゲストのカサゴがヒット。その後回収ヒットでソウダガツオを追加するが、反応が悪いため、ポイントを少し移動する。船長からシオがよく釣れるポイントなので、速巻きで誘ってほしいとアナウンスがあった。

シオのダブルヒットから時合い突入

ストップ&ゴーの速巻きで攻めると、早速バイトするがこれはフッキングせず。活性は高そうなのでそのまま速巻きで誘うと、速巻き後のストップでゴツンとヒット。しっかりアワセを入れると、ドラグが音を立てラインが出ていく。

三重の「SLJ」釣行で多彩な11魚種キャッチ 想定外の『ハモ』顔出し速巻きにシオが好反応(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

1匹目なので無理はせずゆっくりと巻き上げてくると、なんとシオのダブルだ。船長のタモ入れ前に1匹フックアウトするが1匹はゲット。その後は乗船者にもアタリが出始め、時合いに突入。速巻きでシオ、ツバス、サバがよくヒットする。

まさかのハモヒット

たまにマダイ狙いで底をゆっくりただ巻きするが、これは反応なし。そこでタイラバに変更し、マダイを狙ってみる。すると巻き上げてくるが途中でラインが巻けてないことに気付く。何か掛かったようなので、そのままドラグを締め巻き上げてくると、なんとハモがヒット。

三重の「SLJ」釣行で多彩な11魚種キャッチ 想定外の『ハモ』顔出しタイラバにハモがヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

カマスが入れ食い

その後時合いが終了し、ポイントを大きく移動する。次のポイントも速巻きのワンピッチで攻めると早速ヒットするが、引きは弱い。グイグイと巻き上げてくると良型のカマスだ。

ここではカマスの活性が高そうなので、ジグサビキを装着し、ワンピッチで狙うとほぼ入れ食い状態。19匹釣ったところで、ジグサビキのハリが全てなくなりカマス狙いは終了した。

次のページで最終釣果は11目達成!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。