沖釣り愛好家のアルアル恐怖体験 初めての電動リール購入にご注意を?

沖釣り愛好家のアルアル恐怖体験 初めての電動リール購入にご注意を?

もうだいぶん前の話になるが、大枚をはたいて自身初めての電動リールを買ったときのお話である。初心者は特にやりがちな怖い話なので、やらかす前にぜひこのエピソードを反面教師としていただきたい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター濱堀秀則)

濱堀秀規

徳島県在住の濱堀秀規(ハマちゃん)と申します。「地球は僕らの遊び場さ」と磯釣りや船釣りで1年どこかの海を駆け回っています。得意技はフラれる事、特にお魚に。釣り記事以外にも、徳島の農産物と食を題材に「浜ちゃんのうまいモノ絵日記」と題したコラムを10年以上毎月連載中。マルキユーフィールドスタッフ。1級小型船舶操縦士。

×閉じる

船釣り エサ釣り

電動リールは大人のおもちゃ

これは自身初めての大人のおもちゃ「電動」を買いに行った時のお話。

そう、あれは釣り具店で、初めて電動リール(電動の大人のおもちゃ)を買った時のことである。一緒に、サオも新調して、電動リールとセットでうきうき気分であった。

イトやオモリなどもセット

早速PEラインを手巻きで巻いた。後で考えると、なんで電動リールなのに、手巻きで巻いたのかは不思議であるが、必死で「手巻き寿司~はあはあ、よっこらしょ」と、手巻きが苦にならない気分で、巻き巻きした。

電動リールは初めてなので、電動リールの扱いがわかっていないど素人である。そして、スプールいっぱいに巻き終えてから、気分が乗ったので、「よっしゃ仕掛けもセットじゃ」と、30号のオモリやハリスまでもセットしてみた。

沖釣り愛好家のアルアル恐怖体験 初めての電動リール購入にご注意を?電動タックル(提供:TSURINEWSライター濱堀秀規)

電動スイッチ オン!

「3.2.1電動スイッチ オン!」と喋りながら、スイッチレバーを倒した。順調に、道糸のPEラインを巻き込んでいく。早いはやい。

気持ちいいくらいの早さでスプールにイトを巻き込んでいく、そして、「こりゃ楽じゃ」とニコニコした瞬間だった。

なぜかサオが曲がっていく。わけワカメ?の瞬間、巻きが一瞬止まったように見えたが、その後さらにサオがひん曲がり、バキンと大きな音とともに折れた。しかもガイドも壊れた。買った新品のサオを、1回も使わずにである。

「あーーー、こわっつ」

後日談

こんな怖い笑い話を、釣友としていると、なんと「わしもじゃ。わしも同じ失敗をしたことがある」と白状してくれた。誰でもあるんだな、こんな怖い笑い話。と妙に納得した。

今では、イト巻きは釣り具店で巻いてもらっているし、ゼロ設定で止まることが理解できているので、イト巻きの時点でサオが折れることはなくなった。

同じよな経験、皆さんもあるんとちがいますか?どうです?

<濱堀秀規/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。