沼津のボートルアー釣行でオオモンハタにショゴ ライトタックルで堪能

沼津のボートルアー釣行でオオモンハタにショゴ ライトタックルで堪能

2022年の沼津湾奥エリアはショゴが絶賛回遊中。今回、子供を連れてレンタルボートからライトタックルで狙ってみた。本命ショゴの他、良型オオモンハタにクロダイも登場したルアーフィッシングの模様をお届けしよう。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山口悟)

山口悟

地元伊豆半島(主に西岸)を中心にショアからオフショア、ライトからビッグゲームまで精力的?に釣行中。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

沼津湾奥でライトゲーム

今年の沼津湾奥エリアは、ショゴが釣れ盛っている。釣ってよし、食べてよしの人気ターゲットだ。前回の好釣果に味を占め、サイズアップしているであろうショゴを再度狙いに出かけることに。今回は更にスリリングなゲーム展開を求め、メバル用のライトタックルで臨む事にした。

当日の状況

7月後半に降った大雨による濁りが暫く続いていたが、当日はそれもほぼ回復。潮色も、夏潮に近いほどまでに回復していた。中潮明けの小潮、干潮4時47分、満潮11時46分。天気は快晴。時間が進むと南東風が強くなってくる予報。風裏となる西面でのゲームがメインになりそうな予感。

当日のタックル

ロッド(SLJ用):スクランブル S63UL-FS
リール:ルビアスLT3000
ライン:PEライン0.6号
リーダー:フロロカーボン5号
ルアー:ジャベリンジェット30g、サムライジグ40g

ロッド(ライトゲーム用):月下美人MX72L-S 
リール:カルディア2004
ライン: PEライン0.4号
リーダー:フロロカーボン1.75号
ルアー:コンバットペンシルJr、TDソルトペンシル70F、アスリート7SP、フラッシュJハドルSW1In

沼津のボートルアー釣行でオオモンハタにショゴ ライトタックルで堪能当日のタックル(提供:TSURINEWSライター山口悟)

中層のベイト反応を狙う

今回も、重須の原丸さんより25馬力の船外機付きボートをレンタルした。5時30分ごろ出船。まずは、近場の淡島西岸を目指す。島影に近づいて振動子を下し、ベイト反応を確認。前回よりもベイト反応が薄いが、水深30mの中層にベイト反応を確認、まずはSLJから。

ジャベリンジェット30gでスタート。ボトムタッチさせてから、中層まで速めのワンピッチジャーク。前回同様、ベイトの塊下までシャクり→フォール。魚探のベイト反応下に、フィッシュイーターの反応は見られない。潮がよくなり、固まっていた群れが散ったか?

海面に目を凝らすと、射程内にボイルが発生していた。

35cm級ワカシ連打

早々に、月下美人に持ちかえる。押し入れに眠っていたコンバットペンシルjrを、ボイルの先端付近に入れる。TDソルトペンシル70Fを投げていた子供が、先にヒット。ファーストヒットはワカシ。続いて自分にも。35cm弱、前回よりも少し成長している。

ボイル終了後、3.5gジグヘッド&フラッシュJハドル1Inをベイト反応の下まで落とす。バス釣りで言うところのミドスト的な感じ。居るのに食い渋っている時に有効だ。またもや子供に先を越される。

やはりワカシ。試しに船べりまでコールアップさせて、追ってくる魚種を判別する。ワカシにショゴも混ざっている。しかしヒットはワカシばかり。ショゴはヒットまで至らない。

朝マヅメ以降、予報通りに南東風が強まってきた。

次のページでタカベの群れを発見しショゴ登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。