コマセマグカツ釣行:クーラー満タン早上がり!【静岡県・とび島丸】

駿河湾のコマセ釣りで狙うカツオが上向いていると聞き、8月末に静岡土肥のとび島丸へ釣友の加藤さんと乗船した。キメジ混ざりのクーラーボックス満タン早上がりの大満足釣行となった。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

船団へ合流

午前5時少し前、鈴木健司船長の操船で12人を乗せて出港。カツオのナブラを求めてクルージング。その間、全員が船内に備え付けられたベッドで仮眠を取った。

午前7時半、僚船から群れ発見の無線が入り、全速力でそのポイントへ。

30分ほど走り、富士の雄大な姿を見ながら船団に合流。すでに他船ではカツオが上がっていて、どの船もハイテンションモードだ。

早々に船中ヒット!

「上から20メートルでやってください」のアナウンスで全員、仕掛けを投入。すぐに船長が「アタった、アタった」とマイクパフォーマンス。

右舷トモの伊藤さん、2番目の金木さんにヒット。続けて釣友のサオが曲がる。
どれも3~4キロの良型で引きは強烈。

銀色に輝くカツオ!

いつもは磯からイシダイ釣りをしていて強烈な引きに慣れている加藤さんも、大きくのされて大興奮。

同船はハリス20号1.5m、オマツリ防止の観点から、ドラグは強めに調整してゴリ巻きして取り込むのが基本スタイル。なので、魚が掛かるとサオは満月状態となり、豪快な力と力の一本勝負。

次ページでキメジも顔見せ!