今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉県・切所沼】

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉県・切所沼】

暦の上では立秋が過ぎて秋だが……。連日の猛暑が続き立秋と聞いても頭の中は「?」マーク。そんななか、今回は埼玉県熊谷市にある切所沼を紹介する。熊谷市と言えは、日本の最高気温を更新した地。「そんな暑い場所で」と思う人もいるだろう。だが、釣れる魚の平均サイズが尺1寸~尺2寸、時には尺3寸強の大型がヒットする。きっと暑さを吹き飛ばしてくれるだろう。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース山野正義)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

釣り方とエサ

型がいいので宙・底釣りともに道糸は1~1.25号、ハリスは0.5~0.6号を使用すると安心。

宙釣りの場合は、基本的に両ダンゴで釣れる。ハリス長は、上20~40cm、下30~60cm。スレた魚が多いので、ハリスは長めから入り、ウキの動きを見ながら詰めていくのがいいだろう。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉県・切所沼】タックル図(作図:週刊へらニュース山野正義)

ハリは、バラサやセッサの場合は6~7号を使う。ウキは、長ハリスの時は、ボディー5~7cmでPCムクトップが適している。ハリスが短い時は、ボディー4~5cmでパイプトップがいい。

エサはカクシン300㏄+コウテン100㏄を水100㏄で作る手水で調整する。ペトコンで食わせる時は、カクシン300㏄+BBフラッシュ100㏄を水100で作り、手水で練り込み調整するといいだろう。

底釣りでも、基本的に両ダンゴで狙う。ハリスの長さは上35~40cm下45~50cm、ハリはセッサ、バラサの場合は5~6号。ウキはボディー6~8cmのパイプトップ使用が適している。

エサはダンゴの底釣り芯華単品の標準作りでも十分対応できる。底釣りはマブナや半ベラが多いので、どちらかと言えば宙釣りがお勧め。

<週刊へらニュース山野正義/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
切所沼
入釣料:¥400(現場徴収)
問い合わせ:埼玉中央漁協 TEL=048(521)2919
この記事は『週刊へらニュース』2022年8月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。