釣り人の憧れ【マグロキャスティングゲーム】を身近にするロッドが新登場

釣り人の憧れ【マグロキャスティングゲーム】を身近にするロッドが新登場

マグロ類やヒラマサなどを狙ったキャスティングゲームは、タックルをそろえるのに予算が必要で、敷居の高さを感じている人も多いのでは?しかし、高スペックながら、手ごろな価格で購入可能なロッドがテイルウォークから発売された。同ブランドを展開するエイテックスタッフによる実釣エピソードを交えながら、このロッドについて紹介したい。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS編集部・五井)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

大型回遊魚狙いキャスティングタックル

本題に先立ち、このゲームで使用されるタックルと、その扱い方について触れたい。

釣り人の憧れ【マグロキャスティングゲーム】を身近にするロッドが新登場憧れのビッグゲームが今や身近に(提供:エイテック)

マグロ類、ヒラマサ、GTを対象にしたキャスティングで使用するルアーは、ダイビングペンシルやシンキングペンシル、ポッパーが主力。重さは50~150g前後までと幅広い。

また、ファイトにおいては浅い場所で掛けた魚をコントロールする必要があるため、ロッドは非常に強靭だ。使用するラインはPEライン5~8号、リーダーは100~200lbが中心となる。

釣り人の憧れ【マグロキャスティングゲーム】を身近にするロッドが新登場このゲームで用いるルアーとタックル(撮影:TSURINEWS編集部・五井)

重要なキャスト技術

投げるルアーが重く、ロッドも非常に強靭なことから、シャープにロッドを振りぬくのは簡単ではない。他の釣りのように、スイングスピード任せではうまく投げられない。

釣り人の憧れ【マグロキャスティングゲーム】を身近にするロッドが新登場重量級タックルは投げ方も異なる(撮影:TSURINEWS編集部・五井)

このため、ルアーの重さ、遠心力、ロッドの反発力をうまく利用し、「放り投げる」といった感覚で、キャストするのが好ましい。タラシを長くとり、ルアーの重さとスイングの初速でロッドを曲げ、遠心力を利用してルアーを飛翔させる。

ファイトにもスキルが必要

キャスティングで掛けた魚は、ジギングの場合に比べ、同じ魚種、サイズでも抵抗の激しさが各段に違う。理由は浅い水深でのファイトとなるため、水圧の変化が少ないぶん魚が弱りにくく、水面も近いので魚が強い危機感を感じるからだ。

また、ジギングに比べて長いロッドを使うので、魚の力がテコの原理で増幅されアングラーにのしかかり、衝撃や負担も大きい。だが、これは魚にとっても同じこと。人間がロッドに体重をかけて引っぱることで、魚にも大きな負担がかかり、長い分ロッドの復元力(もとに戻ろうとする力)も大きいので、この力を利用し魚の体力を奪う。投げること、魚を浮かせることの両方で、ロッドを使いこなすスキルが求められるのだ。

なお、フッキング後はすばやく腰だめ姿勢でロッドを構え、ファイトする習慣をつけよう。脇挟みではとても耐えられない。

釣り人の憧れ【マグロキャスティングゲーム】を身近にするロッドが新登場ファイトはすばやく腰だめ姿勢に移る(提供:エイテック)

次のページで3万以下の新登場ロッドを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。