子供と一緒に海上釣り堀を満喫 マダイにカンパチにシマアジと満足釣果

子供と一緒に海上釣り堀を満喫 マダイにカンパチにシマアジと満足釣果

7月21日は夏休み初日で、子供をそそのかして海上釣り堀へ。和歌山県・湯浅町の海上釣堀湯浅は船に乗る時間も短く、トイレも完備。またスタッフも親切で、子供も安心して連れて行くことができる。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・溝川弘巳)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 海上釣り堀

親子で海上釣堀湯浅へ

夏の日差しが強いので、首に携帯ファンと冷凍タオルで熱中症対策をして釣り開始、タックルはロッドが海上釣堀赤青一撃300にリールネロスト4000、PEライン3号、ウキは3号にオモリ付きクッションゴム2号、ハリス3号、ハリ10号にエサは赤青一撃だんごで、タナは4ヒロだ。

仕掛けを落としてすぐにアタリが出たので、アワせるが魚は乗らない。もう1回落とすとまたもやアタリ。今度はウキが沈んだり浮いたりする。正体はエサ取りの小魚だ。繰り返し仕掛けを落とすが、エサが途中でなくなるので、ここで作戦を変更する。

キビナゴエサでカンパチ手中

イケスの端をクルクルと2匹の青物が泳いでいるのが見えたので、海上釣り堀専用ヘチザオにベイトリールを装着。ミチイトはナイロンライン4号で、ハリ10号を直接結んでオモリ1.5号を間に付ける。エサのキビナゴを泳がせて目の前で止めると、後ろの青物が口をパクパクさせて、威嚇するような感じになってきた。

少しシャクリを入れると、キビナゴに飛びついてきてヒット。ドラグを緩く調整しているので、一瞬で底へと潜っていった。娘にサオを持たせて、見ていると、青物の強烈な引きにあたふたしている様子。

なんとしても釣り上げさせてあげたいので、サオの端を持ってサポートする。魚とのファイトの末上がったのは、高級魚のカンパチだった。

子供と一緒に海上釣り堀を満喫 マダイにカンパチにシマアジと満足釣果青物がズシリ(提供:週刊つりニュース中部版APC・溝川弘巳)

写真を撮るのに両手で持ち上げるが、あまりの重たさに笑顔が出ない。

大ダイに天然アジも登場

少し休憩した後、初めのウキ釣りに変更して赤青一撃だんごを大きめに付けて真ん中に落とすとウキが真下に沈んだ。私がサオを持ってアワせてから、子供に交代すると一生懸命リールを巻く。やがて上がってきたのはきれいな大ダイだ。これには満足して、笑顔で写真に収まった。

続けて良型マダイ2匹を追加。同じ釣り方でウキを眺めていると、横に走ったので釣り上げると、なんと天然の良型アジが釣れた。

次のページは良型シマアジ追加で大満足!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。