大分の波止フカセ釣りで夏チヌ絶好調 良型47cm頭に2ケタ釣果

大分の波止フカセ釣りで夏チヌ絶好調 良型47cm頭に2ケタ釣果

夏チヌのシーズンがやって来たので、7月17日は大好きな大分県豊後高田市の「長崎鼻」へフカセ釣りを楽しみに出かけた。メイタサイズの連発を楽しみ最大47cmの良型チヌをキャッチしたので、その模様をリポートする。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・成重洋一)

Avatar photo TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

長崎鼻でチヌフカセ釣り

7月17日、エギングを楽しんでいてチヌ釣りから遠ざかっていたが、夏チヌのシーズンがやって来たのでフカセ釣行することにした。選んだ釣り場は大好きな大分県豊後高田市の「長崎鼻」だ。

午前6時すぎに釣り場に着くと3連休ともあってキャンプ客も多くすでに数組の家族連れがサビキ釣り、投げ釣りを楽しんでいる。邪魔にならないように、波止の手前付近に釣座を構えることにした。

大分の波止フカセ釣りで夏チヌ絶好調 良型47cm頭に2ケタ釣果釣り場周辺略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・成重洋一)

当日のエサとタックル

早速、まきエサと仕掛けの準備に取り掛かる。まきエサはオキアミ生1角、チヌパワームギスペシャル、爆寄せチヌを1袋。

つけエは、くわせオキアミスーパーハード(L)、高集魚レッド、エサ持ちイエローをローテーションする。仕掛けはいつもの半遊動とした。

大分の波止フカセ釣りで夏チヌ絶好調 良型47cm頭に2ケタ釣果タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・成重洋一)

開始数投で36cm本命

ポイントを15m沖付近に決めてまきエサを打ち、1投目はオキアミを付けて様子を見る。数投するもオキアミはたまにかじられる程度、エサ取りはあまり気にならない。

すると、早速ウキがアタリをとらえジワジワと沈んでいき加速する。アワセを入れるとチヌの引きが伝わってきた。取り込んだのは36cmのメイタサイズだが、久しぶりに姿を見ることができホッとする。数投後には25cmクラスがヒットした。

小型主体も連続ヒット

次は高集魚レッドを付けて狙ってみると、仕掛けがなじむと同時にウキが消し込んだ。アワセを入れると35cmが姿を現した。

活性はいいようだが、なかなか40cm超えが食ってこない。そこでさらにポイントを沖に決めて狙ってみると、ウキが一気に消し込まれるアタリをとらえたが、ヒットしたのは28cmのクロ。つけエをローテーションするもメイタとクロが連続してヒットする。

楽しませてくれるが、良型は釣れることなく満潮時間を迎えた。下げ潮に入ってから状況がどう変わるか期待する。

次のページで下げ潮が動き出し良型登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。