大人気の『SLS(スーパーライトショアジギング)』の魅力を徹底紹介

大人気の『SLS(スーパーライトショアジギング)』の魅力を徹底紹介

岸から手軽にできるショアジギング。根魚から青物まで、さまざまな魚が釣れる釣り方です。そんな釣り方のなかに、新しく登場したのが「SLS(スーパーライトショアジギング)」になります。初心者の方でも始めやすく、好釣果が望める釣り方です。そこで今回の記事では、SLSについて詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターあつ)

あつ

アウトドアライターのあつです。釣り歴は10年以上。ショアからオフショアまで幅広く釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

SLS(スーパーライトショアジギング)とは

SLSとは、小型のメタルジグを使用したショアジギングです。主に5~15gほどの軽めのメタルジグを使います。小型のメタルジグを使うことで、誰でもアクションがつけやすく、バイト数を多く得られます。魚を多く釣りたい方におすすめの釣り方ですね。

SLSの魅力を紹介

SLSの魅力をわかりやすく紹介します。普段、通常のショアジギングをやっている方は、確認してみると良いでしょう。

大人気の『SLS(スーパーライトショアジギング)』の魅力を徹底紹介キジハタもターゲット(提供:TSURINEWSライターあつ)

操作がしやすい

SLSは操作がしやすい魅力があります。通常のショアジギングと比べて、使用するメタルジグの自重が軽いからです。投げたりアクションをつけたりしても、重さを感じにくくなっています。実釣でのストレスがフリーになるのでおすすめですよ。

いろんな魚種が釣れる

いろんな魚種が釣れるのもSLSの魅力です。小型のメタルジグを使用しているので、口が小さい魚でも食いつきやすくなっています。ツバスやショゴなどの青物や、カサゴやキジハタなどの根魚まで幅広く釣れるのが、SLSの最大のメリットと言えるでしょう。

バイト数が増える

SLSはバイト数が桁違いに多いです。コンパクトなデザインなだけではなく、ウエイトも軽いという理由が関係しています。より、ナチュラルな動きを演出できるので、思わず魚達がバイトしてしまうのです。その結果、通常のショアジギングよりもバイト数が増えます。

SLSの釣り方

SLSの基本的な釣り方を紹介します。実釣を検討している方は、確認するようにしましょう。

メタルジグをキャストする

最初にメタルジグをキャストします。竿先にメタルジグの重さを乗せて、しならせるようにキャストするのがポイントです。より遠くまで、小型のメタルジグを飛ばすことができます。

アクションを加える

メタルジグをフォールさせたら、アクションを加えます。基本的なただ巻き、ワンピッチのジャークなどを試してみると良いです。魚の反応が得られないときは、アクションのリズムをアレンジすると、バイトが得られる可能性がありますよ。

アタリをかけて釣り上げる

最後にアタリをかけて釣り上げます。アクション中やフォール中に「ゴンッ」ときたら、竿先を煽るようにして合わせを入れてください。あとは慎重に魚とやり取りをして、釣り上げるだけです。

次のページで手軽にSLSを楽しもう!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。