夜の筏川でのブッコミ釣りでウナギ釣り10匹 モエビエサで連発

夜の筏川でのブッコミ釣りでウナギ釣り10匹 モエビエサで連発

6月28日は午前2時に起床、筏川で採取したモエビをエサにウナギ釣りを楽しんだ。今回は置きザオにしたサオの先に付けた2つの鈴の鳴り放題が3回もあり、リリースサイズを合めて釣果は10匹。特盛のうな重まで楽しめた釣行の模様をリポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・永井博文)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ウナギ釣り

持ち帰りサイズ6匹をキープ

午前3時半を回ったころ、鈴の音もなくお辞儀を始めた。イトは張ってあるのでサオで聞くと、何かがハリに乗っているようだ。イチかバチかサオをゆっくりしゃくり上げると、ドンピシャ。これも途中で大型のニョロニョロ君と確信できたので、堤防の下に降り、エビ採取用の目の細かいタモで捕獲。文句なしのお持ち帰りサイズだ。

夜の筏川でのブッコミ釣りでウナギ釣り10匹 モエビエサで連発2本サオで6匹キープ(提供:週刊つりニュース中部版APC・永井博文)

やがて周りが明るくなり始めると、水面に嫌な顔が飛び出してきた。時刻は午前4時40分。ミドリガメ君やブルーギル君に変わってしまったため、5時の時報とともに納竿。リリースサイズを合めて釣果は10匹だった。今日は2つの鈴の鳴り放題が3回もあり、大量に採取したエビも少なくなってしまった。留守番をしているバカボン君に文句を言われそうだ。

釣り道具を片付け、ビニール手袋を付けて釣り師が捨てたと思われるアケミ貝の殻や缶などのゴミを拾う。釣り人のマナーのために釣り禁止になったら目も当てられない。自分が出したゴミは必ず持ち帰ろう。

特盛りうな重に舌鼓

帰宅後、熱帯魚用の上部フィルターが付いた水槽ヘ入れて泥を吐き出してもらう。そして数日後、おやじの監督の下、家内が元気なニョロニョロ君6匹の調理スタート。両親と家内は1匹ずつの丼、私は長焼き1匹と2匹使った特重(底と真ん中、ふたの代わりにニョロニョロ君)。さらに6匹分のキモ焼き付きという、超ぜいたくな夕食となった。これこそ釣り師の特権だが、調理してくれる家内に感謝したい。

夜の筏川でのブッコミ釣りでウナギ釣り10匹 モエビエサで連発長焼きと特盛丼(提供:週刊つりニュース中部版APC・永井博文)

釣行日には130回目の献血ボランティアも実施。釣果とあわせて家族全員で冷酒で乾杯した。

7月1日、なぜか夜中に目が覚めたので、2時間ほどエビ採取も兼ねてニョロニョロ君退治に出掛けた。前回は大量のエビを使ってしまったので、今日はバカボン君のお土産をしっかり採取。釣果としては3匹だったが、おなかが真っ黄色のおいしそうなニョロニョロ君をゲットできて満足だ(今シーズン70匹)。

<週刊つりニュース中部版APC・永井博文/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
筏川
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年7月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。