東京湾ボートハタゲームでアカハタ10匹に50cm超えキジハタも浮上

東京湾ボートハタゲームでアカハタ10匹に50cm超えキジハタも浮上

ヨコハマベイサイドマリーナから出船し、東京湾内房エリアまでボートを走らせて、ハタをルアーで狙った。アカハタ10匹、キジハタ1匹をキャッチしたので、その様子をお届けする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

当日の状況とタックル

釣行日時は7月16日の6~10時。当日の潮は中潮で、満潮5時49分/干潮12時53分だ。天候はあいにくの雨だった。

タックル

ロッド:ロックフィッシュ用ベイトロッド7ft
リール:ベイトリール300番

当日の作戦

当日は雨で、ローライトな状況であった。そのため、アカハタ、オオモンハタだけでなく、ローライトを好むキジハタも視野に入れて探ることにした。

またワームのカラーはローライトでも目立ちやすいケイムラを中心に使用してみる作戦だ。

フリーリグでアカハタ登場

水深20~30mほどのポイントから釣りスタート。潮が速く、底取りが難しいため、ハタゲームとしては重い50gのシンカーを使用したフリーリグをセットした。すると、アカハタがすぐにヒット。すぐに釣りを再開すると、またアカハタをキャッチ。アカハタは絶好調だ。

東京湾ボートハタゲームでアカハタ10匹に50cm超えキジハタも浮上早々にアカハタキャッチ(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

ゆっくりな誘いで連発

ジグヘッドを使用した巻きの釣り、いわゆるスイミングで反応を探るも無反応だった。そのため、再びフリーリグに戻してみた。

シンカーが底に着き、5~10秒ほどテンションをほとんどかけずに待ち、その後リフトし、また底で5~10秒待つ。このようなゆっくりとした操作にすると、さらにバイトが増え、計10匹のアカハタをキャッチできた。当日はほとんどこのゆっくりとした誘いでのアタリが非常に多かった。

次のページで50cmアップのキジハタ登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。