ボートハゼ釣行:初体験でなんと100尾超え!【千葉県・川島遊船】

8月20日(月)、千葉江戸川放水路の川島遊船へ釣行。初めてのボートハゼ釣り、たくさん釣れるかドキドキです。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

出だし好調!

大きいの釣れるかな

エサは青イソメで、1cmくらいに切って使います。釣り場はボートに乗ってすぐの桟橋近く。

6時ごろに開始。ボラが水面をピチャピチャと跳ねていて活発な空気感です。ノベ竿でシンプルな仕掛けなので、自分の目の前にヒョイっと投げます。

すると、さっそくビクッとアタリ。あっという間に1尾目が釣れました~。初めてのハゼ、嬉しいです。サイズは小指くらいでした。

アタリ連発で気付けば30尾

コンスタントに釣れて楽しい!

「次はもっと大きいのが釣りたい」と、コンスタントに釣り続けるとあっという間に30尾。

でも、なかなか大きいサイズは釣れず、どうしたら釣れるかな~と置き竿にして考えていると…。

グングンと、きょう一番の引き。上げてみると良型で「やったね!」。

取り込むと、しっかりとハリを飲んでいました。数が釣れるのは嬉しいけど、大きいのが釣れるとまた格別な喜びがあります。

アワセも習得!

こんなに釣れました!

釣り続けること3時間、数は増えて70尾近くになりました。本命のほか、大きく引いたときにはセイゴがヒットすることもたびたび。

竿先をよく見て、ピクッと動いた瞬間にアワせると掛かりがいいことが多かったです。良型がポツリポツリと掛かりながら、アタリが少なくなったら少しだけポイントを移動するとまたアタってくるパターン。

川の上で黙々と釣りをする。自然と集中力が上がり、6時間で100尾以上を釣ることができました。

次ページで釣果レシピ紹介!