ボートでのイカメタル&エギング釣行でケンサキ&アオリイカ2大本命登場

ボートでのイカメタル&エギング釣行でケンサキ&アオリイカ2大本命登場

6月18日、佐賀県・東唐津港のWingarで、デイイカメタル&エギングのリレー釣行してきました。著者はエギングこそ不発に終わりましたが、イカメタルでは良型のケンサキイカをキャッチすることができ、デイのイカゲームを満喫したので、その模様をリポートします。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 福岡市・赤堀泉)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

デイイカメタル&エギング釣行

6月18日、佐賀県・東唐津港のWingarにチャーターの予約を入れ、デイイカメタル&エギングのリレー便で釣行することにしました。メンバーは釣り好き女子の下瀬さん、松永さん、土井さんと私。そして心強い男子メンバーの藤瀬さん、池田さん、芳賀さん、中山さんの8人です。

6時30分に出船し、まずはイカメタルから開始。土井さんは2回目の釣行、前回はイカが釣れなかったこともありイカを釣る楽しさを分かってもらいたいと願います。本人もYouTubeなどで釣り方の予習をしてきたそうです。

開始早々仲間にケンサキイカ

ポイントにはすでにたくさんの船がいました。無風で潮も速くなく、仕掛けが真っすぐに落ちていきます。

まずはメタルスッテ20号から開始。1年ぶりなので、誘い方を思い出しながら始めたその時、「なんか重い」とファーストヒットは下瀬さん。巻き上げたところケンサキイカが早速釣れました。

ボートでのイカメタル&エギング釣行でケンサキ&アオリイカ2大本命登場イカメタルタックル図(作図:週刊つりニュース西部版 福岡市・赤堀泉)

良型ケンサキがトリプルヒット

朝イチの活性はまずますのようで、私も続きたいと落とします。そこで、土井さんが「きたかも!」と巻き上げたところ、なんと2尾の連掛け!

その時、私にもグンッとサオに重みが乗りました。イカの引きに胸が躍ります。ゆっくり巻いて上がってきたのは良型ケンサキイカ、トリプルヒットで3人笑顔です。

ボートでのイカメタル&エギング釣行でケンサキ&アオリイカ2大本命登場土井さん、下瀬さん、筆者(提供:週刊つりニュース西部版 福岡市・赤堀泉)

群れが入るとパタパタ

その後、場所を変え男性陣にもヒットが続きます。群れが入るとパタパタっとアタリがあり、上がってくるのはどれも良型。

イカの群れが小さいため、船長がポイントを変え流し直してくれます。デイイカメタルでは夜焚きと違ってイカがベタ底にしかいないため、底を重点的に狙います。

ボートでのイカメタル&エギング釣行でケンサキ&アオリイカ2大本命登場池田さん(提供:週刊つりニュース西部版 福岡市・赤堀泉)

当たりカラーと誘い

20号のメタルスッテをイカリーダーの下側につけ、上側にはスッテといわれる軽いエギを装着します。イカリーダーにはスナップが付いているため、スッテのカラーチェンジ・重さの変更など簡単にできます。

私は黄色のメタルスッテを使用していましたが、周りを見ると赤緑によく反応しているようです。私も早速カラーチェンジ、スッテも夜光のブルー系とします。

誘い方はいろいろありますが、私はサオを大きく振り上げてゆっくりと下ろしたり、軽くシェイクしたりして3~5秒程度ステイさせ、少しだけ巻き上げタナを変えて同じ動きを繰り返し、底から1~2mを入念に探ります。

夜焚きと違って広範囲を探る必要はないものの、はっきりとしたアタリがでないため、サオ先の動きを拾ってアワせていく釣りとなります。

ボートでのイカメタル&エギング釣行でケンサキ&アオリイカ2大本命登場筆者(提供:週刊つりニュース西部版 福岡市・赤堀泉)

ケンサキ全員安打で移動

カラーチェンジをして1投目、早速アタリがありました。今回もよい引きで藤瀬さんとのダブルヒット。その後、静かに巻き上げていた松永さんも良型をゲット!

ひと通り全員安打で朝マヅメが一段落したところで、今度はエギングをしに場所移動をします。

次のページでエギングの模様をリポート!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。