ゼロから始めるヤエン釣法5つのポイント!独特過ぎる?アオリイカ釣り

アオリイカの2大釣法とも言える、エギングとヤエン。冬場を迎えてアオリイカが大きくなってくるとアジを泳がせてヤエンで仕留める伝統的なヤエン釣法が楽しくなってくる。今回はそんなヤエンでのアオリイカ釣りに焦点を当てて、この釣りに精通する井戸敏充さんに基本のノウハウを解説していただいた。今シーズンはヤエン釣法に挑戦だ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

ヤエン釣りの魅力

アオリイカのヤエン釣法というと難しく敷居が高いように見られがちだが、実は簡単で、最初はあまり難しいことを考える必要はない。

とりあえずイトに鰺を付けて投げる感覚でOKなのだ。

今シーズンはヤエン釣法に挑戦だ

この釣りの最大の魅力は、1匹のアオリイカとの壮絶なバトルにある。

ハリのついたエサを食わせてアタリと同時に掛けて取るほかの釣りと違い、ヤエンでのアタリはあくまでアオリイカがアジを抱いて食べているだけ。

この隙にいかに騙しながら、ヤエンと言う掛けバリをイト伝いに送り込んで掛けるか…。書けば簡単だが、アタリが出てから時間を必要とする釣り。

しかも微妙にまったりとした時間なので、やり取りをしながらいろいろな妄想や状況における想像がハラハラドキドキ感を増幅させ、取れれば当然うれしいし、バラしたときの悔しさがまた何ともいえないのだ。

次こそは…と次回の勝負を煽られる釣り(アオリイカだけに…笑)だ。

狙うポイントについて

アオリイカのポイントだが、和歌山では日ノ岬周辺以南、他に三重・紀東エリアがこれから冬に向けてのオススメエリアだが、水温が15~17度がアオリイカが活発になる目安だ。

ポイントとしては海底に変化の多い所、周囲に根があったり海底にくぼみや掛け下がりなどがあり、アオリイカのエサとなる小魚が定着するような所がいいが、生きたアジを泳がせるので、少し離れていても大丈夫だ。

小魚の多い防波堤の内向きや湾奥なども沖向きの波が高い時などはチャンス。

ヤエン釣法のサオとリール

ヤエン釣り仕掛け

磯ザオ1~3号で4~5m、リールは2000~4000番クラスのスピニングなら大丈夫。

リアドラグタイプがあればなおよしだが、フロントドラグでも構わない。
ミチイトは1~3号ならOK。

フロロカーボンでもナイロンでも構わないが、初心者はナイロンの方が根掛かりの回避の面でもいいだろう。

活きアジ用ハリ

次に、アジを繋ぎ止めるハリだが、このハリでアオリイカを掛ける訳ではないため、大き過ぎないグレバリ4~6号が手ごろ。

アジ用のハリ例

最近は管付きハリが出ているので便利。さらにヤエン用にヨリモドシが付いた管付きバリもあるので利用したい。

仕掛けはアジサイズで選択

エサに合わせたヤエンを選ぼう

ヤエンも種類があって迷うかもしれないが、秋から冬に掛けてはS~Mで大丈夫。

注意点として、ヤエンのサイズ選びは、アオリイカのサイズに合わせるのではなく、使う活きアジのサイズに合わせるのがポイント。

他の必須アイテム

必須なのは、生きアジを生かしておくバケツと、エアーを送る電池式のポンプ、金魚すくい用のネット網、水汲みバケツ、タモまたはギャフ、そしてヤエン。

さらにあると便利なのはアジを強制的に潜らせるためにアジの腹に付けるオモリ、サオを仮置きするピトン&サオ受けくらい。

タックルがそろったら実際の釣り方に入ろう。

次ページでヤエン釣り方解説!