伊藤さとしのプライムフィッシング【両トロロをやってみよう:第4回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【両トロロをやってみよう:第4回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「両トロロをやってみよう」。今回はトロロエサの鬼門とも言えるハリ付けを見ていこう。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

ハリ付けはどうする?

今回は実践編です。正直、トロロを嫌う人の多くがハリ付けが苦手だからだと思うんですよ。私も含めてですけど。でも前回で基エサ作りの基本は理解できたので、今回はぜひハリ付けもマスターしたいです。

伊藤 さとし

「いいねぇ、そういう前向きな発言は(笑)。でも確かにあのヌルヌルしたモノをハリ付けするのは不慣れだと厄介かもしれないね。そこでだ、まずはダンゴをハリに付ける感覚を頭から取り払ってくれる?」

 

と言うと?

伊藤さとしのプライムフィッシング【両トロロをやってみよう:第4回】形状はいびつでも構わない(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)
伊藤 さとし

「ダンゴだと指の中でこねたり丸めたり整えたりして、それをハリに上下いずれかから差し込んで、必要なら形を整え最後にチモトを押さえて、みたいな流れでしょ」

 

はい。

伊藤 さとし

「それらをすべてやらない。と言うよりも、トロロでは、ほぼほぼできないからやらない!」

 

なぜできないのでしょうか?

伊藤 さとし

「基エサ作りの段階で感じたと思うんだけど、あのヌルヌルだよ。丸めようとしたって滑ってうまく丸まらないし、整えようとしても指にくっついてしまってキレイには整わない。つまりエサに触れば触るほど、ヌルとベタ付きのせいでキレイにはいかないんだよね」

 

では、どうすれば?

伊藤 さとし

「では順序立てて見ていこうか」

 

基本は引っ掛けるだけ

(1)ハリ付けに必要な分だけを基エサからちぎっって、それをボウルのヘチなどにペタッとくっつけて準備しておく。

(2)(1)でちぎったエサを左手(右利きの人)の湿らせた指先でつかむ。

(3)右手でハリス(ハリから4~5cm上)を持って(2)で準備したエサの下側から引き抜く感じで引っ掛ける。

(4)ハリがエサの中心付近まできたら引き抜くのをやめる。

(5)つかんでいた左の指先をエサに触れたまま下側へスライドさせつつ、ひし形、もしくは逆円すい型になるように軽く整えて指先を離す(折りたたむように)。

伊藤さとしのプライムフィッシング【両トロロをやってみよう:第4回】湿らせた指先で必要量をちぎる(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

つまり左の指先は、ボウルからエサをつまんだら、フィニッシュまで一度もエサから離れていないわけですね?

伊藤 さとし

「そうなるね」

 

しかも指を離す時に、エサの下側にスライドさせるようにして、そのままひし形などにしている。つまり指先のエサからの離脱と整形を同時に行っているわけですね。

伊藤 さとし

「そうなんだけど最初のうちは整形なんか気にせず、ハリにしっかりエサが残るようにハリ付けすることだよね。そのために重要なのが行程(3)と(5)の位置・力加減のバランスなんだよ」

 

シロウトでもできる

なるほど。指先をエサから離す際に、どうしても抵抗(ベタ付き感)になってエサを引っ張ってしまうから、その引っ張られる分を計算して、あらかじめハリをエサのどの位置まで引き抜くかをバランスさせるといいわけですね。

伊藤 さとし

「そういうこと。美緑を使うことで指離れがかなりよくなっているんだけど、それでもベタ付き感はある。つまり触れたり離れたりを繰り返すほど、ハリ付けがしづらくなるのがトロロエサのデメリットなんだよね。ダンゴエサなら可能ないわゆる小細工が、トロロではほぼできない。だからハリ付けは一発勝負なんだよね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【両トロロをやってみよう:第4回】ボウルのヘチにくっつけて次投の準備(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

でも実釣時の代打ちでも感じましたが、最初のうちはうまくいかなかったハリ付けも徐々にできるようになりました。シロウト同然の記者でもマスターできたのですから読者の皆さんなら、それこそもっと上手にハリ付けできるのではないでしょうか。

伊藤 さとし

「そこが美緑の魅力だと言っておこうか」

 

おあとが宜しいようで。

次回も「両トロロをやってみよう」です。

<週刊へらニュース伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
武蔵の池
この記事は『週刊へらニュース』2022年7月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。