磯でのカワハギ釣り入門 【基本の釣り方と釣れない時の対処法】

磯でのカワハギ釣り入門 【基本の釣り方と釣れない時の対処法】

そろそろ地磯にカワハギが寄り始めるころ。初心者も手軽に狙えることから、夏から秋のファミリーフィッシングとしても人気上昇中だ。それでは釣り方などを紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

釣期

地磯のカワハギは夏から秋によく釣れる。市販のカワハギ仕掛けを使用し、底近くを探るのが一般的な釣り方だ。

型は平均で20cm前後。時折25cmほどが交じるうえ、まれに30cmを超える〝顔よりデカい〟サイズも掛かる。近場の堤防から釣れるものに比べると、はるかに大きいのが特徴だ。

サオ&リール

使用するサオは磯ザオ2~3号4.5mほど。これに小型のスピニングリールをセットし、ミチイトは3号。

磯でのカワハギ釣り入門 【基本の釣り方と釣れない時の対処法】磯ザオに小型スピニングリール(提供:TSURINEWSライター松田正記)

ミチイトに仕掛けを連結させ、オモリを付けたら完成。

磯でのカワハギ釣り入門 【基本の釣り方と釣れない時の対処法】市販のカワハギ仕掛け(提供:TSURINEWSライター松田正記)

エサ

エサはアオムシやオキアミボイルなどを中心に使う。いずれもハリに付ける際は、ハリ先が出るようにして刺す。

釣り方のキホン

ここからは釣り方のキホン。ハリにエサを付けたら、サオ下に仕掛けを垂らす。オモリ着底後は底をトントンとたたく感じで誘っていく。

磯でのカワハギ釣り入門 【基本の釣り方と釣れない時の対処法】タックル図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

アタリとアワセ

アタリは穂先にコツンコツンと現れる。エサ取り名人の異名を持つだけに、魚信は小さい。ここでそっと持ち上げ、少し重さを感じたら、手首を返す程度にアワセを入れる。大きいアワセを入れて素バリを引いてしまうと、魚を驚かせてしまうので、静かに優しく。

取り込み

魚がサオにのったら、リールを巻く。無理なポンピングはせずに、テンションをかけたままゆっくりと。平たい魚だけに、横走りするため、慌てず慎重に巻いてほしい。魚が水面を割ったら、そっと抜き上げる。25cmを超す大型はタモを入れよう。

次のページで釣れない時の対処法を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。