ウナギの代替品の可能性ありの美味しいナマズ『ギギ』ってどんな魚?

ウナギの代替品の可能性ありの美味しいナマズ『ギギ』ってどんな魚?

夏になると食べたくなる……けれど、絶滅危惧種でもあり食べるのは気が引けるウナギ。代用品が数多考えられていますが、個人的にはとある「ナマズの仲間」を推薦したいところです。

(アイキャッチ画像提供:茸本朗)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

2022年はシラスウナギが不漁

今年も梅雨が開け、「土用の丑の日」が近づいて来ました。スーパーやコンビニの店頭を見れば、例年と同様に「土用のウナギ」商戦も活発化しているようです。

ウナギの代替品の可能性ありの美味しいナマズ『ギギ』ってどんな魚?今年もウナギは高価か(提供:PhotoAC)

しかし残念なことに、今年のウナギ価格はかなり高騰する予測が立っています。というのも、養殖のために必要なウナギの稚魚「シラスウナギ」が、昨年冬から今年春にかけてかなりの不漁に陥ったからです。

静岡では3年ぶりにシラスウナギの捕獲量が1tを割り、過去3番目の少なさだったといいます。取引価格は昨年の3倍程になり、結果としてウナギ製品の小売価格も非常に高くなると予測されているのです。

さまざまなウナギ代替品

日本食に欠かせない人気の食材であるウナギ。しかし近年のシラスウナギ資源量の大幅な減少やそれに伴う価格の上昇、そして絶滅危惧動物として保護が必要な情勢でもあることから、その代替品を模索することが盛んに行われてきました。

「代替ウナギ」の中で最もポピュラーなものは「すり身」を使ったものでしょう。はんぺんやかまぼこと似たような製品でタレで味付けされており、食感や味もかなりウナギに近いです。

ウナギの代替品の可能性ありの美味しいナマズ『ギギ』ってどんな魚?ウナギ代用品(提供:PhotoAC)

またそもそも土用に丑の日にウナギを食べるのは「うのつくもの」だからといういわれがあります。そのためうのつく食材ならウナギでなくとも良いだろう、ということで、ウナギ同様に食べるとスタミナが付く「牛肉」などを食べる動きもあるようです。

次のページで「ギギ」の食味はウナギに匹敵?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。