渓流ルアー釣りで人生初ヤマメをキャッチ ソルトルアー愛好家が感動

渓流ルアー釣りで人生初ヤマメをキャッチ ソルトルアー愛好家が感動

6月中旬、京都美山の由良川へ渓流ルアー釣りに出かけた。人生初のヤマメをキャッチした模様を、長年嗜んでいるソルトルアーフィッシングとの違いも含めてレポートします。

京都府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター落合浩大)

Kouta_Ochiai

釣り、音楽、スケボーを愛するソルトアングラーです。大阪や島根でシーバス、ジギングをやっております。

×閉じる

ルアー&フライ トラウト

ソルトルアーとの違い

フィールドへ足を運んで感じることは、毎回のように色々な発見があること。例えばキャストのやり方もその一つ。

長年、ソルトルアーをやってきた私。主にはシーバスとショアジギングとオフショアジギング。その釣りでアンダー及びサイド、フリップキャストなどはほとんどやることはなかった。しかも片手キャストもほぼ経験無し。オフショアではアンダーでジグを投入することはあっても、ピンポイントでしかも片手でアンダーなどでのキャストはしたことがない。シーバスなどもピンポイントの釣りはするのだが、オーバーキャスティングでしか経験がない。だから、最初はキャストだけで一苦労。

最近は慣れてきて、アンダー、サイド、フリップなどでのピン撃ちもマスターしてきた感じである。渓流仕様のキャストはかなりマスターしてきたのだが、狙うポイントやその時の釣れるパターンなど、まだまだ勉強中である。

上達を楽しむ

釣り友に渓流釣りに精通する者も近くにはいる。一緒に行けば色々教えてくれるだろう。今なんかより、釣果も倍増するだろう。後は動画サイトでhow to動画でも観ればもっと知識も増えるだろう。だが、私は上級者アングラーしかり動画サイトしかり、教えを乞うたり、動画を観たりはしないようにしている。

最低限のマナーや安全面での注意事項、渓流釣りの大まかなポイントになりえる場所は最初に教えて貰った。それ以降は、完全に独学だ。実際にフィールドへ足を運び、手探りの状態で釣りをしているのである。自分で開拓している様な感じであるとか、釣行毎にレベルアップをしている自分を感じることもでき、ロールプレイング的な感覚とでも言うのだろうか。それも面白さの一つだと思っている。

渓流釣りを楽しもう

今回の釣行で狙っていたヤマメを何とか釣ることができた。毎回、渓流へ足を運ぶ度に少しはレベルが上がっている気がしている。釣り以外にも、雨の新緑で癒され川の音でも癒された。

個人的には、入渓直後に鹿の角を2本も見つけれたのは大満足。キャンプ時にランタンでも吊すアイテムとして使うつもりでいる。それにしても、渓流フィッシングという面白い釣りにハマってしまったなと思いながら、この記事を終わらせたいと思う。

渓流ルアー釣りで人生初ヤマメをキャッチ ソルトルアー愛好家が感動鹿の角をゲット(提供:TSURINEWSライター落合浩大)

<落合浩大/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
美山漁協

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。