堤防で小サバ釣り入門 『スプーン』ルアーで釣る魅力と釣り方を解説

堤防で小サバ釣り入門 『スプーン』ルアーで釣る魅力と釣り方を解説

暖かくなると、堤防から釣れ始める小サバ。サビキ釣りやウキ釣りなど、幅広い釣りで狙われるターゲットです。引きも強くて釣り人を楽しませてくれます。そんな、小サバ釣りには「スプーン」を使うといいです。さらに、釣りを楽しむことができます。今回の記事では、小サバに効果的なスプーンについて紹介します。夏に堤防釣りをする方は、ぜひ参考にしてみてください。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターあつ)

あつ

アウトドアライターのあつです。釣り歴は10年以上。ショアからオフショアまで幅広く釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

小サバをスプーンで狙おう

小サバ釣りは、スプーンで狙ってみると面白いです。ゲーム性が高まるので、楽しく釣りができます。また、エサを触ったり、仕掛けをセットしたりする手間もなくなります。快適に小サバ釣りを楽しむためにも、スプーンを使ってみると良いでしょう。

小サバをスプーンで釣る魅力

小サバをスプーンで釣る魅力を紹介します。興味がある方は、確認してみてください。

手軽に釣れる

スプーンでの小サバ釣りは、手軽に楽しめます。準備の手間が少ないからです。スプーンにラインを結びつければ、釣りを開始できます。また、エサを使用しないので、手も汚れません。手軽に釣りができて、帰る際も最小限の片付けだけで済みます。

追い食いが楽しめる

小サバをスプーンで狙えば、追い食いが楽しめます。スプーンの動きは、不規則で魚にスイッチを入れてくれます。1回アタックして掛からなくても、再び食いついてくる可能性が高いです。フッキングしないもどかしさを感じながら、釣りを楽しめます。

アタリがダイレクトに伝わる

スプーンを使うと、アタリをダイレクトに感じ取れます。テンションが張った状態で使うので「ドンッ」といった、確実なアタリが伝わるのです。急に竿先が持っていかれるアタリは、釣り人に興奮を与えてくれます。いつアタるのかわからない、ドキドキ感を味わえるのがスプーンで釣る魅力です。

堤防で小サバ釣り入門 『スプーン』ルアーで釣る魅力と釣り方を解説アタリがダイレクト(提供:TSURINEWSライターあつ)

小サバのスプーンでの釣り方

小サバをスプーンで釣る方法を紹介します。まだスプーンを使ったことがない方は、参考にしてみてください。

キャストして沈める

キャストをしたら、沈めるようにしましょう。ボトムから狙っていくのがポイントです。反応がなければ、狙う水深をかえていくようにしましょう。秒数をカウントすれば、トレースできる水深を把握して使えます。見える場所でスプーンを沈めてみて、何秒で1m沈むのかを確認しておくといいでしょう。

一定の速度で巻く

沈めたら一定の速度で巻くようにしましょう。スプーンを巻く速度が一定でないと、小サバから見切られてしまう可能性があります。また、一定の速度で巻けば、狙った水深をキープして引けます。確実に1匹を釣るためにも、一定の速度で巻いてみてください。

向こうアワセで釣り上げる

小サバのアタリがあったら、向こうアワセで掛けるようにしましょう。巻いている時は、テンションが張っている状態なので、自動的にフッキングしてくれます。強くアワせてしまうと、すっぽ抜けや口切れの原因になってしまいます。アタリを逃がさないよう、向こうアワセで掛けてください。

次のページは小サバをスプーンで釣ろう

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。